メニューボタン

売れ筋ベスト3

Hapa英会話 ⇒ 公式サイトで確認

ネイティブイングリッシュ ⇒ 公式サイトで確認

プライムイングリッシュ ⇒ 公式サイトで確認

海外旅行に行く前は英語を勉強したくなるのですが・・・

このエントリーをはてなブックマークに追加  

 

英会話を覚えたい理由の1つに「海外旅行を楽しみたい」、「会社の慰安旅行でヒーローになりたい」など、海外旅行のために英語を覚えたい人がいると思います。

 

以前の私もそうだったのですが、海外旅行で使う表現はさほど多くないことをどこかの本で読んで知っていたので、海外旅行用の英語フレーズ本を何冊か購入して暗記するという作戦を立てたことがあります。

 

それはそれで全く役に立たないということはなかったのですが、海外旅行の1か月前ぐらいに急に勉強しだすので英語フレーズ本をすべて覚えきれず、どのあたりにどんなフレーズが書かれているかだけを一夜漬けで覚え、結局海外までフレーズ本を持っていくということになったのをよく覚えています。

 

海外旅行用のフレーズ本を持ち歩くのは邪魔

 

海外旅行にフレーズ本を持って行ってまず感じるのが、この本邪魔、出すの面倒。

 

バッグやお土産を持ちあるく旅行は少しでも軽装備でホテルから出かけるのが基本なのに、コンパクトにできているとはいえ本を一冊持ち歩くのは非常に邪魔です。

 

海外旅行ですから当然、出国・帰国はスーツケースになる訳ですが、中にしまい込んでしまうと出すのも面倒です。

 

そこで、なるべく小さくて薄いフレーズ本を探すのですが、どれだけ小さくても邪魔なものは邪魔です。

 

しかも、毎回本を開いて調べるのも大変ですよね。

 

結局はその場面に合わせて動詞、名詞、副詞などを入れ替えなければなりませんし。

 

海外旅行に英語フレーズ本を持っていっても役に立たないことが多い

 

また、私の経験上使えそうな英語フレーズだけを丸暗記しても、スピーキングの練習をしていかなければ相手に通じないことが多いですし聞き取れないので会話にはなりません。

 

結局のところ相手に通じなければ意味が意味がありませんし、相手の言っていることをある程度理解できなけばフレーズだけでは役に立たないことが多かったです。

 

リスニングに関しては、ゆっくり話してもらったり紙に書いてもらうことでコミュニケーションは取れますが、スピーキング(特に発音)に関してはしっかりと準備していかないと、せっかく英語フレーズを覚えても無駄な努力になってしまいます。

 

私の場合、こちらから話して通じたフレーズは、ホテルのフロントへの電話でモーニングコールをお願いしたときと、試着のお願い、クレジットカードで払ってもいいですか?と尋ねたときぐらいです。

 

手作りかどうか聞くときに「ハンドメイド」を理解してもらえずに、これが日本語英語だから通じないのか、それとも発音が悪くて通じないのかが分からなくて困ったのをよーく覚えています。

 

ちなみに発音が通じなかっただけで「ヘンメイッ」のような感じで通じるはずです。

 

とまあ、フレーズ本があまり役に立たなかったという体験談ばかりになってしまいましたが、フレーズを探すだけならスマホで検索するだけで何とかなる時代ですので海外旅行への英語フレーズ本持参はもう必要ないでしょう。

 

ちなみに電子手帳はもっと邪魔です。重いですし・・・

 

実は海外旅行で英語を使う場面は限られている

 

ここからが本題なのですが、スマホで英語フレーズが探せたとしても、会話にはなっていないのでなかなか直感的に英語が出てこないと思いますしニュアンスや使い方もわかりません。。

 

となると、スマホは補助で使用し、想定されるシーンの会話だけを覚えていくのは必須になります。

 

ただ、安心してほしいのですが必要最低限の会話ということを考えると海外旅行で英語を使う場面はかなり限られています。

 

限られた会話を限られたパターンでのみ繰り返しレッスンしていけば、そんなに時間がかからずに会話はできるようになります。

 

冒頭で1ヶ月では英語フレーズ本が覚えられなかったと書いたのですが、旅行前にフレーズを全て覚えるという目標自体が間違っています。

 

本一冊はかなりのボリュームがありますし、必要のないフレーズを一生懸命覚えていたと思うとつらくなります。

 

当時の自分に教えてあげたいですね。

 

会話は重要な順・楽しみたい場面順に覚えていく

 

海外旅行で英語を話したいなら厳選されたトラベル英会話の素材と音声が必要になるので結局はフレーズ本やトラベル英会話が題材の教材が必要になになるのですが、重要な場面や自分が楽しみたい場面から優先順位をつけて勉強していくのがコツです。

 

別にすべてを覚える必要はありません。

 

必要な個所に絞って繰り返しレッスンするほうが何倍も役に立ちます。

 

ただし、スピーキング(特に発音)に関しては手を抜かずにその会話を完全コピーできるまでにしていってください。

 

発音が通じなければコミュニケーションが取れませんので、なるべくネイティブの発音を真似できるようにしてください。


英語ができなくても問題ない場面は優先順位を下げて

 

日本からの出国で英語が必要ないことは言うまでもありませんが、海外からの出国の際もチェックインはスマホでのオンラインチェックイン、自動チェックイン機でのチェックインが当たり前の時代です。

 

航空会社カウンターでのチェックインも、パスポートとNET予約した際に印字したE-チケットの予約確認書を見せるだけで終了します。

 

ホテルでのチェックインも、スーツケースをもったお客様が到着すればその時点でチェックインだと分かります。

 

このように明らかに会話が必要ない場面の英会話は優先順位を下げ、英会話が必要だと思われる場面、自分が楽しみたいと考えている場面を優先的に覚えるのがコツです。

 

何なら自分が英語を話したいと思っている場面だけを重点的にレッスンし、それ以外を捨ててしまってもいいと思います。

 

自分が楽しめる、テンションが上がるような場面の英語を覚えましょう。


重要度が高めの場面から順番に紹介していきます

 

次に、重要度が高い順に各場面を並べていきたいと思います。

 

トラベル英会話のフレーズ本ですと必要のないフレーズが多いのとほとんどが会話になってないので、ここでは会話で覚えるように収録されていてより厳選されている「Hapa英会話」、「スピークナチュラル海外旅行編」の2教材をベースに優先順位をつけてみます。

 

Hapa英会話のレビュー
スピークナチュラルのレビュー

 

ちょっと、両教材の会話シーンを整理してみますとこんな感じです。
結構絞られてますよね。

Hapa英会話 スピークナチュラル海外旅行編

・カフェ
・ショッピング「入店」
・ショッピング「試着購入」
・ショッピング「返品交換」
・ホテル「チェックイン予約あり」
・ホテル「チェックイン予約なし」
・ホテル「フロントデスクに電話」
・ホテル「チェックアウト」
・レストラン「席まで案内」
・レストラン「飲み物・前菜の注文」
・レストラン「注文」
・レストラン「食事タイム」
・レストラン「お勘定」
・機内1
・機内2
・機内3

・空港1
・空港2
・空港3税関
・タクシー1
・タクシー2
・タクシー3
・ファーストフード「注文」
・道案内「道の聞き方」
・スターバックス
・マクドナルド1
・マクドナルド2
・バー1
・バー2
・バー3

・機内
・空港
・ホテル「チェックイン」
・ホテル「部屋」
・ホテル「チェックアウト」
・移動「タクシー」
・移動「市内バス」
・移動「長距離バス」
・移動「鉄道」
・移動「レンタカー」
・移動「道中」
・移動「ガソリンスタンド」
・観光「チケットセンター」
・観光「ホテル」
・観光「ツアー」
・観光「タクシー」

・観光「スタジアム」
・観光「道中」
・トラブル「機内」
・トラブル「空港」
・トラブル「ホテル」
・トラブル「駅」
・トラブル「街」
・トラブル「施設内」

 

1.食事(電話予約含む)

 

私が旅行で一番楽しみたいと思う場面がレストランでの食事です。

 

その土地ならではのローカルフードを食べすに旅行は成立しないと考えていますので、食事の場面は何不自由なく楽しめるようレッスンしたいところです。

 

どこで何を食べるかでその日の移動の仕方が決まりますので、もちろんネットで行きたい店を探し情報はすべて印刷していきます。

 

また、電話でレストランを予約する場合聞き取りにくくなるので難易度が高めですが、これができれば最高ですよね。

 

会社の旅行ならあなたはもうヒーローです。

 

ファーストフードやカフェでの注文も英語ができないとあたふたしてしまいますので重要度は高めです。

 

2.道の聞き方

 

道の聞き方を完璧に覚えていっても相手の言うことが理解できなければスムーズにいきませんので非常に難易度の高い会話になるのですが、現地の人と触れ合いが楽しめる場面なので、ぜひ挑戦していただきたいシーンです。

 

スマホでマップとGPSを利用するのもいいですが、ぜひ現地の人に話しかけてみてください。

 

ほとんどの場合地図を見せながらになるので、指さしで教えてもらえます。

 

最悪は書いてもらえばOK.

 

3.ホテルでのフロントへの電話

 

海外のホテルはトラブルが結構あります。

 

最近多いのが隣の部屋が中国人でうるさいといったトラブルです。

 

エアコンが聞かない、水道のお湯が出ない、トイレが流れないなど、しっかりと英語で伝えて対処してもらわなければせっかくの楽しい旅行にケチがついてしまいます。

 

モーニングコール、ルームサービスなどもスムーズに頼むことができれば楽しい旅行になります。

 

移動の際の会話

 

旅行先が都会の場合はここを楽しみたいですよね。

 

タクシーを使えば行き先を告げてしまえばおしまいですが、電車を使えばお金も浮きますし、その土地のバスだって乗ってみたいですよね。

 

シンガポールに滞在したときには地下鉄と徒歩だけで十分観光ができました。

 

空港などでのトラブル

 

トラブル全般は多少レッスンしてから行きたいですね。

 

荷物が出てこないぐらいなら簡単ですが、これも結構難易度が高い会話になるので後回しでいいかなあと思います。

 

本当に困ったときには日本語ができる人を頼ることになると思います。

 

あまり重要ではないかなあと思う場面

 

ホテルのチェックイン、チェックアウト

 

Check in,please.

 

Check out,please.

 

でOK

 

空港でのチェックイン

 

自動チェックインやオンラインチェックインだと会話は必要ありません。

 

カウンターでのチェックインもパスポートと予約番号を言うだけです。

 

セキュリティーチェック

 

ピーピーなったらベルトを外してかごに入れたり、バッグを指さされたらバッグの中身を出すぐらいのことしかありません。

 

入国審査

 

滞在期間、滞在するホテル、滞在の目的を単語で言うだけです。

 

タクシーでの移動

 

タクシー移動の場合は乗ってしまえばぼったくりにあったとしてももうどうしようもないですし、知らない土地で遠回りしてませんか?なんて聞けませんので、行き先を告げる以外はあまり会話をする必要はないかなあと思います

 

ただ、タクシーの運ちゃんと会話をするというのはありですが。

 

病気

 

「病気」に関しては、ちょっとやそっとの英語では詳しく伝えられませんし、海外での医療費は高額になるのであらかじめ海外旅行用の保険に加入しておくのが一般的です。

 

「I have a 症状」は知っておて損はないですが、実際に使ったのは胃薬を買うときぐらいでした。

 

私も何回か海外で具合が悪くなったことがありますが、保険のカスタマーセンターへ電話をすると日本人が対応してくれますし、指定の病院の中から最寄りの病院を選んでもたいがい日本人が対応してくれます。

 

私の場合は現地の日本人が行く日本の病院ばかりでしたので、一度も英語を使ったことがありません。

 

このエントリーをはてなブックマークに追加  

初めて英語教材を購入選び方

 

英語教材比較ランキング