メニューボタン

売れ筋ベスト3

Hapa英会話 ⇒ 公式サイトで確認

ネイティブイングリッシュ ⇒ 公式サイトで確認

プライムイングリッシュ ⇒ 公式サイトで確認

買ってはいけない英語教材

このエントリーをはてなブックマークに追加  

 

私が今まで購入してきた英語教材で、これは絶対に買っちゃダメだと思う教材は結構ありました。

 

本屋さんで購入できる参考書と同等レベルのフレーズしか収録されていないフレーズ集、情報商材、教材とは呼べない経験談、机上の空論が書いてあるノウハウ、根拠の無いノウハウ、英語が出来ない方(裏は取れています)が作ったもの、、、、様々な教材がありましたが、これらの特徴を考えてみると販売ページがとてもしょぼかったのを覚えています。

 

販売ページが立派だからと言ってその教材が良いという訳ではないので勘違いをしてほしくないのですが、そのような教材は個人がPDFにまとめて作っただけのようななんとも貧素な教材が多かったです。

 

販売ページの話に戻すと、これもまた素人が作ったような文字ばかりの販売ページが多く、これ大丈夫か?と思えるほど誇大表現を連発しています。

 

楽々マスター、たった~日で、難しいことは覚えるな・・・などいとも簡単に英会話が出来るようになると言うようなニュアンスのことが書かれているページがとても多かったです。

 

 

多かったというかほぼそんな感じの胡散臭い販売サイトでした。

 

大手のサイトでも30日ぐらいを目安に効果が出ると言うようなことを書いているメーカーさんが多いので、それも誇大表現といえばそれまでですが、もう書いてあるレベルが違います。

 

例えば聞き流すだけとか聞くだけと聞いても、何かできそうな気がしてくるレベルの言いまわしなのですが、もうそういうゴミ同然の教材はとてもじゃないけど実現不可能だと思うような言いまわしで書いているのですぐに分かると思います。

 

名指しで批判できる訳ではないので、このような遠回しな言い方しかできないのが非常に歯がゆいのですが、正直言ってもう詐欺と行ってもいいレベルの英語教材はゴロゴロしています。
全ての教材を購入した訳ではないので、このページで上げる特徴の英語教材全てが詐欺ではありませんが・・・・

 

有名だから、大手だからという基準で購入するのもまた間違いなので、購入して良い基準はなかなか分かりにくいというのも、英語教材の特徴だと思います。


本屋さんに売ってる本と同じレベルの教材

 

英語教材は購入して開けてみるまで分からないので、公式ページを読んだだけでは中身は分かりません。

 

大手の教材のようにお試しCDがあるとか、公式サイトで試聴出来るような教材はある程度中身がわかりますが、届いてみて開けてビックリだたの英語フレーズ集なんて教材も実際に存在します。

 

会話形式にすらなっていないただのフレーズ集など、紀伊国屋さんにでも行けばたくさん売っていますし、最近の本は1500円程度の物でもCD付きなのが当たり前の時代になっていますので、ネイティブの音声が付属しているからと言って本屋さんの本より内容が濃いとは限りません。

 

私が購入してみた教材の中にも本屋さんの本と同じレベルの物がいくつかありました。

 

本屋さんで買えば1500円で買えるレベルの物を2万とかで購入する訳ですからもうお話になりません。

 

これ見分け方はホントに難しいので名前を出したいのですが、一応英語のフレーズと音声が入っているので詐欺と言うのも難しいですし、相手も商売ですから訴訟にでもなれば目も当てられません。

 

中には音声も汚いのがありましたし・・・・・CDなんて何円で買えるクリアケースでしたよ。

 

本当に消費者をバカにしています。

 

販売ページでただのフレーズ集レベルの教材だと感じたら買うのはやめておいた方がいいかもしれません。

 


英語の学習法(ノウハウ)が書かれているもの

過去に留学経験があるとか、独学で英語が話せるようになったとか、ちょっと英語が出来るからと言って個人が調子にのって英語学習法をまとめて出版しただけのようなものも売られているので要注意です。

 

このような物は購入しちゃダメという以前に教材ですらありません。

 

私に言わせればただの体験談です。

 

この手の教材は英語学習の方法論や、自分が英語が出来るようになるまでの経験をPDFにまとめて出版しただけのゴミが多いです。

 

で、こういうのはヘタすると冊子にすらなっていません。

 

電子書籍と言う名のただのPDFファイルです。

 

読んでも英語力は全く上がりませんので、ネットで調べたフレーズでも覚えた方がよっぽど有意義です。

 

まともな教材でもダウンロード版と言うのが存在することはするのですが、冊子やきちんとしたCDはが送られてこない教材は手を出さないほうが良いでしょう。

 

※記憶術などは除く

 

冊子になっていたとしてもCDがついていたとしてもノウハウ系の教材はオススメしません。

 

勉強のしかたなんてスピードラーニングだって無料でついてきますよ。

PCにインストールする系

 

これは内容がどうこう言うことではないのですが、PCにインストールする教材は非常に厄介です。

 

PCを変えたぐらいであれば新しいPCにインストールし直せばいいだけの話ですが、年々変わっていくOSの何処まで対応してくれるかなんて保証は全くありません。

 

英会話の学習は何かのきっかけが原因で始めたくなることが多いはずです。

 

海外旅行に行く予定がある、オリンピックで外国人と話したい・・・理由は様々だと思うのですが、ずっとモチベーションを保ちつづけ毎日英語の勉強を続けられる人ばかりではありません。

 

私がそのタイプなので気持ちが分かるのですが、英語の勉強をし始めて数ヶ月で一旦ストップし、また数カ月後に何かのきっかけでまた英語の勉強をし始めるなんてことはしょっちゅうです。

 

この繰り返しで英会話が出来るようになっていくと言う人も何人もみてきました。

 

 

仮にあなたの学習意欲に2年のブランクが空いたと仮定しましょう。

 

PCにインストールするタイプの教材で、2年後あなたのPCのOSに対応している保証はどこにもありませんよね。

 

それが紙に印刷された冊子とCD、DVDなどで構成されていたらどうでしょうか?

 

 

数年どころか10年以上大丈夫だと思います。

 

CDやDVDも劣化するので、粗悪品のCDだと再生出来ない可能性もありますが、それは一度PCに取り込んでMP3ファイルにして保存しておけば問題ありません。

 

 

DVDも同じです。

 

ちなみに、私が試した教材でPC、ソフトのものは30日間英語脳プログラム、UDA式発音PRO、ロゼッタストーンですが、30日間英語脳プログラムはインストールしないタイプのものなので問題ありませんでした。

 

ロゼッタストーンはPCにインストールするタイプなのですが、現状では何年も使えていますが、Windows7に移したときにVistaモードに切り替えないと動かなかったので、この先のOSはもう使えない可能性が高いです。

 

現在はダウンロード版になっているので、対応してくれるのかもしれませんが中古でインストール版を購入する場合は要注意です。

 

UDA式発音PROはWindows7の時点でまともに動きません。

 

サポートの確認したところ、1980円でWindows7版バージョンにバージョンアップすることができるのでバージョンアップをして欲しいとのことでしたが、そろそろWindows10に変える予定だったので見送りました。

 

OSが変わるたびにバージョンアップをしなければならないのはちょっと問題ですね。

 

ただ、最後にPCソフトならではのいいところも書いておきましょう。

 

 

それはズバリ、再生についてです。

 

例えば、リスニングやスピーキングをす場合、ディクテーションやリピーティングという手法を持ちいることがあります。

 

ディクテーションもリピーティングも、1センテンス程度の長さで一度一時停止を行いながら進めていくことになるのですが、PCだとクリック1つで再生も一時停止も出来るので非常に簡単です。

 

 

これがCDでもPCに取り込んでしまえば同じことなのですが、プレーヤーなどで聞く場合には差がでます。

 

また、CDはPCに取り込んでもファイルを探して再生しなければなりませんので、整理整頓が苦手な方は少し手間取るでしょう。


プロの目から見た場合はどうか

 

これは私の意見ではなくプロ数人が英語教材のランキングを発表している雑誌の一部なのですが、まあこんな意見もあるぐらいに載せておきます。

 

まあ、気もちは分からんではないですが使い方次第でしょう。

 

 

これスピードラーニングがダメな理由によると思うのですが、読んでいて面白いので雑誌が売れるようにこういう際どいこと書いたのかなあとは思います。

 

ホントにそうなったのかもしれませんけどね。

 

妹がだまされて買いました・・・・ってのはちょっとウケた。

このエントリーをはてなブックマークに追加  

初めて英語教材を購入選び方

 

英語教材比較ランキング