メニューボタン

売れ筋ベスト3

Hapa英会話 ⇒ 公式サイトで確認

ネイティブイングリッシュ ⇒ 公式サイトで確認

ヒアリングマラソン ⇒ 公式サイトで確認

英語ぺらぺら君初級編

このエントリーをはてなブックマークに追加  

 

英語ぺらぺら君初級編は、元大統領の通訳の先生と生徒のやりとりから出来上がった英会話教材です。

 

ネーミングはあれですが・・・・

 

元大統領の通訳だからと言って、英会話を教えることが上手だという訳では無いのでしょうけど、実際に製作者が英語を出来るようになったプロセスから出来上がった英会話教材と言うことなので、少なくともできるようになった人はいると言うことです。

 

ただ、私の考えとしては少しでも多くの人が英語を身につけることができたと言う実績があるほうが大切だと思ってますので、そのあたりの実績に関しては微妙かなあと思っている教材です。

 

実績だけね。

 

ちなみに元大統領の通訳はこの方です。YouTubeに動画がありました。

 

 

この教材をザックリいうと

  • それぞれの巻が英会話の授業にようになっている
  • ナレーターの質問に答えることで英語力をつけていく
  • 安いが覚える英文の量は少なめ
  • 聴く、声に出すなど基本的なことは抑えている
  • 365日間の返金保障付き

  英語ぺらぺら君初級編の公式サイトを見てみる


英会話を覚えると言うよりは毎回授業を受けているかのようなCDになっている

英語ぺらぺら君がどんな英語教材かというと、全部で31ある日常的な英会話に関して、ナレーターが学校の授業のように説明してくれます。

 

その中で、「○○と英語で言ってみましょう」のようなナレーションが入っているので、その質問に英語で答えながら瞬発力を鍛えてくと言う、クエッショニングと言う手法を使ったトレーニングをする英会話教材です。

 

レッスン1~31まで約10時間分の音声が入っていて、1レッスンあたり13分~21分のCDになっています。

 

私はダウンロード版なので下記のようにMP3ファイルと台本と呼ばれるテキストがPDFファイルで提供されているものを使っています。

 

 

一番近い英語教材はユーキャンのピンズラーアメリカ英語ですね。

 

内容は全く違いますが、流れ自体は非常に似通っています。

 

レッスンの流れと日本語での説明について

 

レッスンの流れは大ざっぱに言うと下記のような流れになっています。

 

・英語での会話を聞く
・日本語でその会話を聞く 
・会話についての解説がある 
・ナレーションの後に続いてリピーティング(マネして音読)を行う 
・ナレーションに英語で答える 
・実際の会話をしているつもりになって英語に答えていくイマジネーションエクササイズ
・最後に冒頭に出てきた英会話を聞く

 

会話についての解説は、英単語や英文の意味の説明、発音の説明、疑問文の時は語尾が上がります、Doをつけると疑問文になりますなど簡単なニュアンスや英文の使い方についての説明はあるのですが、英会話教室の授業とまではいきませんので、解説を聞くだけで英会話教室の授業を受けることができるというイメージは持たない方がいいでしょう。

 

ニュアンスや使い方は説明があったりなかったりで、英文に対しての意味の説明が主になっています。

 

その中で一番の売りが、日本語のナレーターの質問に英語で答えていく、クエッショニングと呼ばれるスピーキングのレッスンです。

 

英語のナレーションのあとに、ネイティブの音声を真似する音読のレッスンもありますが、基本は質問に答えていくクエッショニングが主です。

 

私の後に続いて~と英語で言ってみましょう ⇒ 英語でスピーキングをする

 

※クエッショニングは造語だと思います

 

しかも、かなり短いセンテンスに区切られているのでターゲットは完全に初心者になっています。

 

初級編のつぎに中級編もありますので、中級編はもう少し難しいのかもしれません。

 

※すみません中級編は手元にありません。

 

例えば「Thank you, I bought this last month in Shinjyuku.」という英文があったら、下記の短さで区切られています。

 

ありがとうと英語で言ってみましょう
Thank you

わたしはこれを買ったと英語で言ってみましょう
I bought this

 

スピーキングに関して

 

スピーキングに関しては、日本語で指示があった英語をスピーキングしていくレッスンが最も多くなっていて、インプット重視の日本の英語教育ばかり行ってきた人には、このアウトプット重視はとても良いと思います。

 

英語を話せるようになりたければ、英語の表現を覚え使いこなせることが最低条件ですので、まずは決まりきったパターンのフレーズを覚えなければなりません。

 

その覚え方に関して各教材で特色が出るのですが、私が実践した限りでは、脳で英文を組み立てながら話していくと言うよりは、解説で出てきた英文を思い出しながら答えると言う感じです。
そのため、答える英文については音声の中で直前に解説を聞いたばかりなので、そこでは言えてもその後忘れてしまうと何も得られないので、繰り返しレッスンを行うことは必須になっています。
ただ、無音の間が入っているポーズの時間が短めでスピーキングしにくいなあと感じました。

 

その速さで答えることができるまで行えと言うことなのかもしれませんが、そんな指示はありませんでした。

 

基本はテキストをみない

 

基本はテキストを見ずにCDを聞いて覚えて、スピーキングをしてくスタイルなのですが、細かいニュアンスが聞き取れないことがあるので英語のみの台本を用意してくれています

 

 

事前説明では下記のようにと書かれています。

 

聞いてまねをして覚える英語(スピーキング)では勉強方法を明確に分ける必要があるとのスタンスを取っていますので、あまりお客様に台本を見ながらの勉強はして欲しくありません。 出典:英語ぺらぺらくん

 

最後の方で行うイマジネーションエクササイズについて

 

レッスンの最後のほうにイマジネーションエクササイズと言うレッスンがあるのですが、これは実際の会話をしているつもりになって英語を話す相手に自由に答えていくと言うレッスンです。

 

基本はその日に出てきた会話の流れの相手の音声だけが英語で流れ、そのあとに無音のポーズがあるので、自由に答えていくのですが、自由に答えるので、自分で話した英語が正しいかどうかは自分で判断するしかありません。

 

自分で考えて英語を話すので、悪くないレッスンなのですが、答えが分かっている会話を反復するほうがやりやすいかなあと言う印象をもちました。

会話の内容について

 

1レッスンは短くて13分、長くて21分の音声になっていて、20分弱ぐらいの音声が多くなっています。

 

全部で31レッスンあるのですが、最後のレッスン31は「月日と曜日を確実にいえるように」と言う曜日や月を答えるレッスンになっているので、実質英会話は30レッスンです。

 

日本語での解説や私たち受講者が答えるスピーキングの間が多く収録されていますので、会話自体は少なめで3回~4回のラリーで終わるレベルの英会話の収録になっています。

 

ですので、各シーンに絞って会話が収録されているような教材とは違って、英文の解説をじっくり聞きながら勉強したい人向けの教材になっています。

 

先ほども書きましたが、流れとしてはユーキャンのピンズラーアメリカ英語にとてもよく似ていて、レッスンも同じ30レッスンです。

 

ただし、内容も違いますし、何より繰り返しの頻度が全然違います。

 

※ピンズラーの方が圧倒的に繰り返しを行う教材です。

 

英文とその日本語訳が流れる教材では物足りないので、もっと説明が欲しいと言うそんな方が対象の教材ですね。

 

365日の全額返金保証付きです。

 

下記リンクからのご購入者様には基本特典をお付けすることが可能です

 

 

 

商品名 英語ぺらぺらくん初級編
価格 9,800円(税込み)
返金条件 あなたが英語ぺらぺら君を使用して、英語が上達しない場合、全額返金致します。
返金期間 365日以内

 

管理人のまとめ

 

 

 

クエッショニングは要するに相手の言うことに対して答えていくと言う手法なんだけど、英語に対して答えると言うよりは日本語で指示があるときにスピーキングする感じ

 

「~と英語で言ってみましょう」の後に英語でスピーキングする。

 

理論上は頭で英文を組み立ててスピーキングをするんだけど、その直前にスピーキングする英文を覚えているので英作文をしていると言うよりは、直前の説明を思い出しながらスピーキングする感じ。

 

記憶方法としてはそんなに珍しくもないんだよなあ。

 

会話としては非常に簡単な英会話だし、会話のシーンも少なめ。

 

金額も安くて良心的なんだけど、すぐに次の英語教材が欲しくなちゃうかも。

 

それと男性ナレーターの日本語が少し訛ってるのが気になる・・・・

 

この教材も返金保証付きなのはいいよね。

 

ちょっと単調で飽きちゃうかなあ~

 

とにかく安くてちょっとした会話ができるようになればいいやって人向きかな。

 

中級まで使いたいならケチらずにもう少しお金を掛けたほうがいいね。

 

超初心者が英語学習の入り口として使うならありかなと思う。

 

流れは非常にピンズラーに似てるんだけど。意識してるかどうかは分からない。


 

 

   リスニング・・・2
   スピーキング・・・3
   会話力・・・2
   発音矯正・・・3
   語彙力・・・1

 

 

 

このエントリーをはてなブックマークに追加  

初めて英語教材を購入選び方

 

英語教材比較ランキング