メニューボタン

売れ筋ベスト3

Hapa英会話 ⇒ 公式サイトで確認

ネイティブイングリッシュ ⇒ 公式サイトで確認

ヒアリングマラソン ⇒ 公式サイトで確認

語源とイメージ動画で1800個程度の英単語を一気に覚えることができるミリオン・ボキャメモリー

このエントリーをはてなブックマークに追加  

 

この教材をザックリいうと

  • 14 の語根と20 の接頭辞をイメージ動画で関連づけて英単語を完全記憶
  • 18日で1800個程度の英単語を覚えられる
  • 元東大の医学博士が2年かけて開発した記憶術
  • オンライン講座なので出先でも勉強できる
  • 120日間の返金保証付き

ミリオン・ボキャメモリーを公式サイトで確認してみる

英単語の覚え方は人それぞれ、様々な覚え方があると思います。

 

語源から覚える、関連する単語を連想ゲームのように覚える、身の回りの物に単語を書いた付箋を貼って覚える、単語帳で覚える、などなど様々だと思いますが、暗記するには何かのイメージと関連付けて覚えるか、毎日会話で使っていないと時間の経過時間に比例して忘れてしまうので、英語学習者にとって永遠の課題とってしまってもいいでしょう。

 

英単語を覚える書籍で有名なものは、英単語の語源を覚えイメージしながら覚える方法と、例文で覚える方法が王道かと思います。

 

私の持っているものですと、語源ビジュアル英単語やDUO3.0がそれにあたります。

 

 

今回はこの語源で英単語を覚える方「語源ビジュアル英単語」のように語源とイメージで英単語を覚える教材をご紹介します。

 

接頭語(接頭辞)や接尾語(接尾辞)を覚え、知らない単語でも意味を予想できてしまうという王道のアレです。

 

ミリオン・ボキャメモリーの概要

 

 

まずは教材の概要ですが、1日10個の動画で10個の英単語とそれに関連する語源の単語8~10個ほどを18日間で覚えるようなプログラムになっています。

 

英単語の総数は面倒なので数えていませんが、1800個に少し足りないぐらいです。

 

書籍だと1200~1600語程度が多いので、数だけで比較するとそうは変わらないなあという感じです。

 

メールに登録すると18日間毎日10個の動画が届きますが、この教材はオンライン講座なのでログインすると18日分の動画を一気に観ることができます。

 

動画は1倍の速度以外に、1.5倍速の動画が用意されていて、1.5倍速の動画は右脳を刺激する的なことが書かれていますが、私はただ単純に時間短縮になっていいなあという印象でした。

 

※右脳の活性化のことに関してはよくわかりません。

 

商品名 ミリオン・ボキャメモリー
価格 16,800円 (税込)
返金保証 あり
返金期間 120日以内
内容物 オンライン動画

一般書籍とミリオン・ボキャメモリーの違い

 

たぶん、英単語を覚えたい人が一番知りたいのがここだと思うので、いきなり確信に迫りたいと思います。

 

イメージが分かりやすく作られていて、しかも動画で確認できる

 

語源となる英単語のイメージをとらえる

 

一番大きな違いはここです。

 

一般的な書籍も「語源+イラスト」で覚えるものが多いと思うので、語源+イメージではあるのですが、ミリオン・ボキャメモリーはこのイメージの説明が非常に優れているという印象を持ちました。

 

例えばですが、「“it”を見つけたときは、前へ行くイメージを想像してください」や、「“gest”を見つけたら運ぶトラックのイメージを想像してください」のように、語源の元になる単語を見たときにイメージすべきものが、非常にシンプルで分かり安くできています。

 

 

このようにまずは語源となる英単語のイメージをとらえます。

 

その英単語を語源にもつ英単語がどうして、その英単語になったのか分かりやすく動画で解説

 

元の語源になる英単語のイメージを覚えたら次は、その英単語を語源にもつ英単語をどんどん覚えてきます。

 

なぜその単語がこの語源から、どうのようにしてその単語になっていったのかなど、シンプルに分かりやすく解説されているので非常に覚えやすいです。

 

一般書籍でも当然このような説明やイラストはあるのですが、イメージ図や語源の説明が足りないので、微妙に使いづらい印象です。

 

“it”を例に1つ説明を紹介しておきます。

“it”は行くという意味をもつ語源なので、前へ行くイメージを想像する。

 

“trans”は超えてという意味を持ち、山などを越えてものを運ぶことから、“trans”「超えて」+“it”「行く」で輸送という名の名詞になった。

 

このようなシンプルで分かりやすい説明が各語源英単語1つにつき8~10個あります。

 

語源とイメージで覚える本をお持ちでも、説明が難しくて使いこなせていないと感じた方は一度体験してみるといいでしょう。

 

英単語を覚えるというよりは、英単語がその単語になった歴史を読みものとして読んでいる感覚です。

 

雑学を覚えるような、そんな感覚。

サンプル動画があるので見てみましょう

 

ここまでなんとなく私の感覚でお伝えしてきましたが、公式サイトにサンプル動画が公開されているので、実際に見てみるといいと思います。

 

動画を見る前にこれを見ておくと、動画を見た後の実感が変わってくると思うので、少しだけ公式サイトを引用させてもらいます。

 

動画をみたあとにまた、この問題を見るとスラスラ解けるという流れです。

まず、あなたに質問があります。これらの英単語の意味がわかりますか?

 

1. Instructor 回答 _______
2. Structure 回答 _______
3. Construction 回答 _______
4. Destruction 回答 _______
5. Obstruction 回答 _______

 

これらの単語はTOEICの最頻出語600です。

 

ちょっとむずかしいですよね?わかる単語もあれば、全く意味がわからない単語もあると思います。

 

では次にこちらの動画を見てください。
引用:http://m-voca.com/

 

この動画は1.5倍速の動画で公式サイトでも確認できます。

 

等倍の動画もあるのですが、公開されているのが1.5倍速の動画でした。

 

 

 

どうしても紹介しておきたい特徴をいくつか紹介

 

動画を観るのが一番手っ取り早いので、なんとなく分かったと思うのですが、私が紹介しておきたいなあと思う特徴を簡単に説明しておきます。

 

単語をパーツに分解し、イメージと結びつけて学ぶ

 

英単語を1度、語源や意味のあるパーツごとに細かく分解してから、イメージと結びつけてもう一度つなげて学ぶので、長い単語や難しい単語が簡単に覚えやすい。

 

動画で説明がある英単語以外の約14,000語の意味も推測できるようになる

 

公式サイトでは14000語覚えられるともとらえられるような文言がありますが、実際に動画で説明されている英単語は1800語程度です。

 

14000語という数字は、ある14 の語根と20 の接頭辞(合計 34 のパーツ)を関連づけて覚えることで、パーツを見ただけで14000 語もの英単語の意味が推測ができる様になるという意味ですので、公式サイトのこの説明に関しては勘違いしないようにお願いします。

 

ただまあ、これを覚えておけばこの範囲にある英単語は各段に覚えやすくなることは確かです。

 

東大医学博士がミネソタ大学のジェームス・I・ブラウン教授が提唱した理論を元に作った記憶術である

 

記憶術という言葉を聞いた事があると思いますが、まさにこの教材は東大受験をするときに著者が編み出した記憶術です。

 

その後2年かけて制作したということですが、東大受験の際に英単語をおぼえることに苦労したことはないと言い切ってますので、かなり自信があると思います。

 

※ミネソタ大学のジェームス・I・ブラウンの著書は『Programmed Vocabulary』

価格などの情報

商品名 ミリオン・ボキャメモリー
価格 16,800円(税込)
返金保証 あり
返金期間 120日以内
内容物 オンライン動画

管理人のまとめ

 

この教材は、「語源」を元に覚える英単語帳(本屋さんで売ってる本)を持っているけど、それではイメージできずに困っていたという人に試してみて欲しい教材。

 

動画で語源と、その単語を語源に持つ英単語がどうしてその単語になったかを、シンプルに説明してくれているので非常に分かりやすい。

 

で、説明の中で一度、語源や、意味のあるパーツごとに分解して、意味を理解してからもう一度つなげるので、かなり記憶に残りやすいと感じた。

 

あとは長いスペルの単語もこうやって分解すると覚えられることが分かると思う。

 

買うか買わないかは一般書籍との違いで決める感じになるので、16800円の価値があるかどうか?ということに尽きると思う。

 

120日間の返金保障がついているので、120日以内でお試ししてみて単語帳と比べてみて決めればといいと思う。

 

私は、英単語は会話に出てくるものをその都度会話と一緒に覚えちゃえばいいじゃんという考えの持ち主なんだけど、これだけ記憶しやすいなら買ってもいいかなあと思えた。

 

英語学習者が英単語を知っていて損はないからね。

 

単語を知ってれば聞き取りやすいし、言葉もでるし、最悪文法が分からなくてもなんとなくの意味が分かるし、英単語をたくさん知っているというのは英語学習では正義なんだよね。

 

もちろん英会話だけでなく、英検やTOEIC、TOIFLなどのテスト系を攻略したい人は一見の価値ありだね。

 

忘却曲線とかの理論を織り交ぜながら繰り返しや反復を主にして英単語を覚えていた人(オレも)は、こういうの楽しく見れるかも。

 

ただ、勘違いしないで欲しいのが公式サイトにある「14000語以上の理解につながる英単語のパーツを学べます」という言葉。

 

これは、ある14 の語根と20 の接頭辞(合計 34 のパーツ)を関連づけて覚えれば、パーツを見ただけで14000 語もの英単語の意味が推測ができるようになるという意味なので、14000語分のイメージ動画があるわけではなんだよね。

 

ここ、勘違いのないようにしてくださいね。

 

一覧表を数えてみたんだけど動画の提供があるのは1800語弱。

 

公式サイトでも数を発表していないのでここで正確な数を出すのはやめとくけど。

 

語源を元に英単語を覚える系の本を持ってない人は、本屋さんで数冊立ち読みしてから購入するかどうか決めた方がいいと思うよ。

 

本を読んで覚えるより動画で覚えた方がいい結果がでたみたいな研究結果もあるみたいだけど、これは人によると思うし、何度も言うけど一般書籍と比べてみてこの教材に買うだけの価値があるかどうかを決めるのがいいと思う。


 

ミリオン・ボキャメモリーをこのページから申し込みされた方限定で特典をお付けすることが可能です。

 

 

基本特典

 

基本特典はこちらで確認してください 

 

⇒ 特典の一覧

 

上記特典付きでのミリオン・ボキャメモリーの申し込みはこちらからどうぞ

 

購入者限定のサポートページにご招待致します。

 

その中の特典受け取りページからお受け取りください。

 

特典の受け取り方について

 

⇒ サポートについて

 

※ちなみに、サポートページには今後私用に作った音声素材などをどんどん追加していく予定ですので、たまにチェックしていてください。
※更新の連絡はチャットなどで連絡しています。

 

特典付きで申し込む

↓↓↓

 

関連記事
このエントリーをはてなブックマークに追加  

初めて英語教材を購入選び方

 

英語教材比較ランキング