メニューボタン

売れ筋ベスト3

Hapa英会話 ⇒ 公式サイトで確認

ネイティブイングリッシュ ⇒ 公式サイトで確認

プライムイングリッシュ ⇒ 公式サイトで確認

英語の勉強をしても一向に英語力が上がらない日本人

このエントリーをはてなブックマークに追加  

 

日本人の英語力が低いと言うのは聞いたことがあると思うのですが、世界的にみてどのぐらいの順位なのかご存知でしょうか?

 

英語力の指標になるものによってデータは変わってくると思いますが、一般的に比較対象とされてるのがTOEFLの平均点です。

 

※TOEICは各国で行われていない上にレベルが低くスピーキングもライティングも無いので英語力の比較対象にはならないと言うのが一般的な意見です。

 

TOEFLの国別スコアをみてみると・・・・

 

国別ランキングでは163カ国中135位でアジアの中でも30カ国中27位です。

 

 

 

出典:首相官邸ウェブサイト グローバル人材育成推進会議資料

 

この結果をみて英語教材のメーカーや販売者が間違いだらけの英語勉強法なんて見出しで一斉にあおりだすわけです。

 

読み書き中心の英語勉強法は間違ってるとか、日本人は効果の高い英語勉強法を知らないから上達しないとか不安をあおり、リスニング中心の英語教材がよく売れる時代になってきていると思います。

 

聞くだけで英語が理解でき、話せるようになるのであれば、あの苦痛だった暗唱や暗記をしなくて言い訳ですから、そりゃあ売れますよ。

 

私も実験で購入した英語教材とは別に、欲しくなってしまって購入したものもあるぐらいですから本当に魅力的で英語学習の敷居が低くなった気分になれます。

 

ですが、私個人の考えとしては、学校で習った詰め込み授業は基礎として非常に役に立っていると思っています。


間違った英語勉強法って何?

 

じゃあ、どうして英語ができるようにならないのか?

 

それはコミュニケーションの部分が圧倒的に少ないからです。

 

ですので、読み書き中心が間違った英語勉強法ではなく、聞く、話すというレッスンが全然が足りないだけです。

 

“ will ”と“ be going to ”が同じとか、細かいニュアンスの教え方で間違いはたくさんありますが、そんなのは本当に些細なことです。

 

大勢に影響はありません。

 

やはり、英語は使う(話す)のが一番覚えますし、記憶にも残ります。

 

何度も繰り返し話していれば発音も綺麗になりますし、発音ができればリスニングもできるようになっていきます。

 

だからといって読み書きが全く必要ない訳ではないんですね。

 

しっかり文法を理解し、文の構造(文型)を覚えてフレーズを使いこなせていないと、使わなくなった瞬間に英語が話せなくなるので、記憶と言う意味では読み書きは非常に重要です。

 

ですので、読み書き中心に勉強してきた日本人はコニュニケーションの部分に力を入れるだけでグングン英語力が伸びていきます。

 

これ本当です

 

私は、全く英会話が出来なかった人が、どんどん英語を上達していっている現場を知っています。

 

英語はやれば必ず上達しますので、絶対に諦めずにやり続けましょう。

 

日本人は知らず知らずのうちに結構英語の勉強を結構してるはずなんですよ。

 

私は間違った英語勉強法なんて無いと考えています。

 

日本人が英語が上達しない最大の理由はコミュニケーションレッスンが足りていないだけです。

 

英語(言語)は何のためにあるのかもう一度考えてみて下さい。

 

人とのコミュニケションを取ることが最大の理由だと言っていいと思います。


このエントリーをはてなブックマークに追加  

初めて英語教材を購入選び方

 

英語教材比較ランキング

 

正しい英語勉強法と間違った英語勉強法記事一覧

日本人にはコミュニケーションのレッスン(特にスピーキング)が足りていないということを書いたのですが、では何をすれば英語が話せるようになるかという話です。ここで言うところのコミュニケーションのレッスンは実際に話す、聞くということだと考えてください。コミュニケーションというからには相手がいないと成立しないので、実際に英語ネイティブとコミュニケーションを取ることが必要になってきます。それを行うところが英...

もう薄々感じている方も多いとは思いますが、聞き流すだけで英語ができるようになると言う教材は初心者が買うとかなりの確率で失敗します。「これ英語初心者が買うと」と言うところがミソで、実はその英文自体をある程度理解できるのであれば英語を聞くだけでも一定の効果があるんです。※30%ぐらい~理解できていれば良いと言われています。ただし、ここでハッキリと申し上げておきたいことは、いくら一定の効果が出ると言って...

英文法は必要ないと言っている英語教材けっこうありますよね。必要ないとは言ってない教材でも英文法はしっかり覚えましょうなんてことはあまり書かれていません。特に聞き流す系の英語教材は英文法を勉強するから英語が出来ないんだぐらいの勢いです。ですが、私の意見としましては英文法を勉強することは必須事項だと思っています。これからその理由をいくつか説明していくのですが、英文法を勉強して英文の仕組みについて理解し...

英文法に対する意見を読んでいるとよく目にするのが、「学校で覚えた英文法では英語は話せるようにならない」という意見。確かに中学高校と6年みっちり英語を勉強したのに全く英語が話せない方がほとんどだと思います。ですが、それは覚えた英文法がダメなのではなく、話すために必要な英文法を会話と結びつけて覚えていないので、会話の際に英文法を上手に使いこなせていないだけです。中学高校での英語学習はペーパーテストあり...

私は英語教材を購入するのと同時に話すための英文法を覚え、文法ごとに自分の言いたいことを英語で組み立てる英作文を取り入れることをおススメしています。もっとやる気がある人には毎日英語で日記を付けましょうとアドバイスしているのですが、日記となると基本の英文法だけを使って英作文をするのは結構難しいんですね。その理由は「毎日書くネタがない」、「時間がかかりすぎて生活に支障が出る」などざまざまでですが、一番の...

話すために必要な最低限の文法を覚えたら、また文法書を読み返すのではなく、スピーキングや文字にして英作文をひたすら行います。実際に声に出すスピーキングとライティングである英作文は一見全く違うレッスンのようにみえますが、どちらも英文を作る(組み立てる)という意味では同じ作業です。どちらも大枠ではアウトプットなので、どちらでもOKですが、とにかくひたすら繰り返し何度も何度も行います。ただし、ここで重要な...

これさえ覚えてしまえば英語が話せるようになりますこんな感じで販売されている教材や本はたくさん出版されています。英会話を勉強し始めのころは英文の言い出しフレーズを覚えることが非常に重要なので、これがダメだとは言いません。私も、まずは数十個の言い出しフレーズを覚えることを勉強前の準備段階としてススメめています。ただし、これはあくまでも勉強前の準備段階での話ですし、知っていて当たり前の表現だからです。こ...

結果から話してしまうと全然大丈夫です。脳研究学者の池谷裕二先生も「英語は何歳から始めても話せるようになる」とおっしゃっていますし、私もそう思います。ただし、ある程度の年齢を過ぎると母国語以外の外国語の習得が難しくなると言う臨界期仮説と言う仮説があって、母国語以外の言語を完璧に話せるようになりたければ少しでも早い方がいいと言われているので、ご自分のお子さんに英語を習わせたければ低年齢から始めたほうが...

販売サイトでこんなことを書いている英語教材があるのをご存知でしょうか?最初に断っておきますが私の意見ではないですよ!!・日本人が英語を聞き取れないのは英語の周波数帯が日本語よりかなり高い音域だからだ・子どもの頃は聞き取れていた高い音域は大人になると雑音として処理されるだから対策を練りましょうと言うことなのだと思いますが、英語リスニングと英語の周波数について調べてみると、こんな記事が目につきます。騙...

英語の勉強を始めてすぐは、文法、フレーズ暗記、英作文など理解力、発信力に力を入れると思います。それは間違いではありません。このサイトでもそのように書いていますし、私がこれから英語の勉強を始めるなら、文法や基本フレーズを覚えながら英会話の教材を徹底的にやり込みます。その中で英会話教材の英文を使ってリスニングやスピーキングを取り入れていけばいいと思うので、発音矯正に関して言えば教材に収録されているネイ...

英語の勉強をしていて単語を調べていると必ずセットで目にする発音記号ですが、統一されてないことをご存知ですか?辞書によって発音記号が違うことに気づいていない人もいると思いますが、私が知っている限りでは2種類の発音記号が存在しています。発音のことを書いているウェブサイトも発音記号の区別がついていないサイトが多く、発音記号のことをフォニックスと書いてあるサイトまでありビックリしました。まず最初に答えを書...

英会話上達を目指すのであれば、英会話教室に通うことはあなたにとってとても有利になると思います。行かないよりも絶対行ったほうが良いです。ですが、ここにも落とし穴があります。英会話教室の主な役目はスピーキングの場を用意することと、ネイティブと対面になっても慌てずに英語で返せるように外国人コンプレックスをなくすための訓練をさせること私は今ネイティブ講師にマンツーマンレッスン、グループレッスンの両方を受け...

洋画を題材に教材を作っている会社もあるので、あまり過激なことは書きたくないのですが、海外ドラマや映画を英語教材として使うのはあまりおすすめしません。映画やドラマは、その場面をイメージすることができ、字幕を見れば英文も日本語訳も分かりますし、俳優さんの発音はネイティブの綺麗な発音かもですが、これらを題材に英会話の勉強をするのは非常に遠回りです。仮にあなたがある程度英語を理解できるレベルであれば、普段...

さて、今回は毎日の学習時間について書いてみたいと思います。当然ですが、どのぐらいの期間で、どのレベルになりたいかという明確な目標があるのであればおのずと毎日の学習時間はある程度決まってきます。会社で英語を使わなければならないというような追い込まれている方などは、少しでも速く実用できるレベルになりたいと思うので毎日の学習時間など関係なく空いている時間全てを英語学習に充てなければならないような状況です...

英語学習において英単語を覚えることは必須事項です。単語が集まると句になり、節になり文になりますのでどうしても避けることができない学習です。単語と一言でいっても動詞、名詞、副詞、形容詞など品詞ごとにたくさんありますし、何をどこまで覚えればいいのか迷われる方も大勢いるかと思います。そこで、今回は日常英会話に必要な英単語はどんなものかと、どのぐらいの数を覚えればいいのかを考えてみたいと思います。

私たち日本人は当然ながら日本語のネイティブスピーカーです。数を数えたことはありませんが、日本語の単語はとても多く記憶していてしかもほとんどの単語はパッと出てくると思います。歳をとってくるとド忘れってやつはありますが・・・これはどうしてかというと、その単語たちを何度も何度も繰り返し会話の中でつかっているからです。毎日会話で使っている単語を忘れるわけないですよね?毎日でないとしても今までの人生の中で何...