メニューボタン

売れ筋ベスト3

Hapa英会話 ⇒ 公式サイトで確認

ネイティブイングリッシュ ⇒ 公式サイトで確認

ヒアリングマラソン ⇒ 公式サイトで確認

機械的に1.5倍に速度を上げた速聴でレッスンするエブリデイイングリッシュの口コミ

このエントリーをはてなブックマークに追加  


この教材をザックリいうと

  • 速い英語→日本語→通常の英語→通常の日本語で1セット
  • 速い英語は通常の1.5倍速。日本語も1.5倍速。
  • 会話内容はトラベル英会話多め
  • 速い英語以外はスピードラーニングとほぼ同じBGMまで似てる
  • 無料視聴用のCD以外を開封すると返品できない
   エブリデイイングリッシュを公式サイトで確認してみる

エブリデイイングリッシュも有名な教材ですね。

英語ネイティブであるセインカミュさんがキャラクターに起用されているので、どこかの広告などで見たことがある人が多いと思います。

この教材の基本情報としては、29,808円 【税込み】でCD6枚+英語のみのCD6枚とテキストと言う内容になっていて、CDは英語の後に英語が流れるというある意味定番の英語教材なのですが、通常の速度の音声の前に機械的に速度を上げた音声が流れるので、1シーンごとに速い速度と通常の速度で同じ会話を聞くスタイルになっています。

スピードラーニングVSエブリデイイングリッシュでも書いているのですが、機械的に速度を速めた音声以外はスピードラーニングと非常によく似た英語教材です。

商品名 エブリデイイングリッシュ
価格 29,808円 (税込)
返金保証 なし
無料試聴 商品と同梱の無料試聴CDだけを60日間聞くことができる
返品条件 教材到着日から起算し、60日以内(商品を開封すると返品できません)
※送料は購入者負担

速聴と呼ばれる機械的に速度を速めた音声を聞いた後に通常の音声を聞くのがエブリデイイングリッシュの基本


1場面ごとに速度の速い英語 → 日本語訳 → 通常の英語 → 通常の日本語訳が流れて1セット。

エブリデイイングリッシュの一番特徴的なところは、速聴と呼ばれる機械的に速度を速めた音声を聞いた後に、通常の速度の英語が聞き取りやすくなるという考え方をしているところです。

速い速度の英語を聞いて耳を慣らすことができれは、その後にナチュラルなスピードの英語を聞いても聞き取れると言う理屈なのですが、感覚としては確かに1.5倍の速度の後に通常の音声を聞けばゆっくりに感じます。

脳科学的に裏づけがあるかどうかは私には分かりませんが、速聴レッスン自体はスーパーエルマー、笠原式、七田式などで採用されていますので何かしらの効果はあるのかもしれません。

また、エブリデイイングリッシュではその速度がナチュラルなスピードの約142.854倍になっていて、この数字に意味があるのだそうです。

公式ページで高速録音された音声を確認することができるので一度試してみるといいでしょう。

Youtubeにも動画がアップされていましたので、はりつけておきます。


速度の早い英語を聞いた後のナチュラルスピードは聞き取りやすかったでしょうか?

機械的に速度を早めているので甲高い声になってしまっているのと、日本語も早くなってしまっているので一瞬笑ってしまいましたが、感覚としては確かにゆっくりに聞こえました。

ただ、これが効果的かどうか私には判断できません。

ここは、個人の感覚的な問題になってくるのかなあと思います。

ちなみにエブリデイイングリッシュの通常の英語の速度をストップウォッチを使って計測してみたところ、1分間に170語程度の速度でした。

一般的なネイティブ同士の速度よりやや遅めです。

収録されている内容

 

収録されている内容はトラベル英会話からはじまり、挨拶、電話、お願い、トラブルのシーンなど大きな枠での日常英会話になっていて、180場面を1日一場面ずつ180日で覚えるのが標準学習スタイルになっています。

 

 

収録場面は180シーンと多めではあるのですが、1場面ごとの会話が短めなので語彙量としてはそんなに多くありません。

 

1場面の会話量は、ネイティブイングリッシュ、スピーキングパワーあたりが近いと思います。

 

CD6枚の内容量に対してのこの29,808円 【税込み】と言う価格を考えるとこの手の英語教材では平均的な価格で概ね許容範囲と言ったところです。

 

公式サイトで全ての目次を発表していないので、ここで公開するのはやめておきますが、会話のジャンルとしては海外旅行用のトラベル英会話が多くを占めています。

 

とはいえ、トラベル英会話も日常会話もあまり変わりませんので、ここは問題ないと思います。

 

ナチュラルと言われている収録スピードもそんなには早くないですし、フレーズを丸暗記させるところはどの教材もほぼ同じです

 

テキストは簡単な英文の説明がある以外はシンプル

 

 

テキストは英語と日本語訳の他に簡単な英文の説明がある程度なので、あまり詳しい解説は書かれていません。

 

スピードラーニングのように見開きの左側が英文で、右側が日本語訳になっているといった見易さの工夫はなく、上から英語日本語の順番で書かれているので、ちょっと読みずらいかなあと思います。

 

区切りの線やイラストもなく白地に文字が書かれているだけなので、そのへんが読みにくい原因だと思います。

 

テキストのサイズは手のひらサイズでとても持ちやすく、持ち運ぶには軽くていいのですが、その分文字のサイズも小さいのが残念ですね。

 

目が悪い人や年配の方には厳しいサイズだと思います。

 

また、テキストを小さくした分ある程度厚みがあるのでとても開きにくく、携帯重視のテキストなんだなあという印象を受けました。

 

何度かバージョンアップしている

 

エブリデイイングリッシュは今までに3回バージョンアップをしています。

 

正直現行のエブリデイイングリッシュと1つ前の違いはデザインぐらいしか分からなかったのですが、セインカミュさんの顔が出なくなりデザインがすっきりしましたね。

 

時代背景なども考えると、会話の内容なども時代とともに変わっていくのであたりまえと言えば当たり前なのですが、長年に渡り全く変わっていない教材もありますので、まあ常識のある会社ではありますね。

 

確か初めて購入したときはイングリッシュオンリーのCDが別売りだったと思うので、セットになって同じ価格だということも含めて進化していることは確かです。

 

ちなみに現行はこのパッケージです。

 

 

以前のものはこんな感じでセインカミュさんがパッケージに出ていました。

 


口コミ

出典:https://twitter.com/

 

エブリデイイングリッシュの口コミをツイッターで探してみても、ちゃんと実践している人のTweetが意外と少ないのに驚きました。

 

探し方が悪いのかもしれませんが、1時間ほど過去ツイートを眺めてみたところあまり実践したことを感じるような口コミは見つかりませんでした。

 

これはやはり知名度や売れている数が関係して来るのだと思いますが、英語学習者にとってエブリデイイングリッシュと言えばビッグネームですので、もっと賛否のツイートがあると思ってたんですが・・・

 

これを考えれば、スピードラーニングの知名度や話題性は本当にすごいですね。

 

返品と無料試聴について

 

 

エブリデイイングリッシュは60日間試聴することができ、その期間内に気に入らなければ返品することができます。

 

ただ、この無料版のサンプルCDを60日間ずっと聞くことができる人は多くないと思うので、早目に決断した方が良いと思います。

 

2ヶ月間という返品猶予は長すぎて返品を後回しにしていると忘れてしまう可能性がありますので、そうならないよう早めに決断しましょう。

 

また、いくつか注意点があります。

 

製品版を開封してしまうと返品できない

 

これはスピードラーニング、スーパーエルマーなど無料版の試聴用CDを送ってくる会社にありがちなのですが、無用版のCDと一緒に製品を送ってきます。

 

気に入ればそのまま開封して使ってくださいということなのですが、間違えて製品の方を開封してしまうと返品できません。

 

スピード゙ラーニングには分かりやすく目立つシールが貼られていますが、エブリデイイングリッシュは分かりにくいので注意が必要です。

 

開封後も返せる返金保証とは違いますのでお気をつけください。

 

返品の送料は購入者負担

 

これを考えずに無料版を取り寄せる人が多いのですが、いざ気に入らなかったときに返金する場合、返品の際の送料は私たち受講者の負担です。

 

たいした金額では無いのかもしれませんが、念のため。

管理人のまとめ

 

この教材の特色でもある速聴に関しては、正直言ってこれでリスニングの補助になるかどうかは分からないんだよね。

 

早い音声を聞いたあとにナチュラルの音声を聞くとゆっくりに聞こえるような気がするんだけど、科学的な裏づけが無い以上、これは個人の感覚でしかない。

 

自分はあまり役になってないかなあと思っちゃうんだけど、独自の速度を研究しているみたいなので人によっては効果があるのかもしれないし、脳が活性化するなんて研究もあるからまあ無いよりはあったほうがいいのは確か。

 

英語を聞き取れるようにしたいと言う工夫をしてくれていると考えれば、熱意は伝わってくる。

 

内容的には特質すべきところもなく、一般的に使えそうな会話が収録されている印象の王道教材。

 

収録されている内容自体はトラベル英語が多めで、一般的な英会話の内容は一通り勉強できる。

 

テキストには簡単な英文の説明があるだけなので非常にシンプルなんだけど、白地に文字だけなので非常に読みにくいんだよねえ。

 

英文の解説については本当に軽くしか書かれていないので、ニュアンスや使い方をしっかり覚えたい人には向いてない。

 

文法も勉強できないし。

 

金額もこのクラスではお約束の29,808円なので、高くも安くもなくと言ったところ。

 

英語 ⇒ 日本語の順で流れるところも、BGMもスピードラーニングと非常に似てるんだけど、通常の音声の前に速い速度の音声が流れるのでスピードラーニングよりもお得感はあるよね。

 

ただし受講方法は聞き流さずに精聴したり、CD相手に答える練習、音読など工夫が必要。

 

それをするという条件であればゴーサインを出しても良い教材なんだけど、同じ金額でスピーキング用のCDや開封後もOKの返金保証までついてる教材があるから、これも第一選択肢には入らないんだよなあ。

 

あとCDはケースにコンパクトにまとまっていて収納しやすいんだけど非常に出しにくい。


楽天のページがまあまあ分かりやすいかなあと思います

 

⇒ 【たった1日!話せる英語・英会話教材】【基本セット/改訂版】楽しく聞き流す♪6年連続売上日本一…

 

このエントリーをはてなブックマークに追加  

初めて英語教材を購入選び方

 

英語教材比較ランキング