メニュー

売れ筋ベスト3

Hapa英会話 ⇒ 公式サイトで確認

ネイティブイングリッシュ ⇒ 公式サイトで確認

ヒアリングマラソン ⇒ 公式サイトで確認

七田式 7+English-英会話フレーズ完全記憶 の口コミ

このエントリーをはてなブックマークに追加  

 

この教材をザックリいうと

  • 文法の代わりに60パターン600フレーズを60日で覚える
  • 100日間の返金保証付き
  • 英文は会話ではなくフレーズ集
  • 英語の速度は2段階でどちらもナチュラルよりも速い(ナチュラルな速度はない)

   七田式7イングリッシュを公式サイトで確認してみる

 

七田式7+Englishは、60パターンの頻出フレーズを覚えればネイティブの日常会話がカバーできるという考えからできている英会話教材です。

 

ネイティブが普段話す英語のパターンは実はあまり多くないということを突き止め、そこに目をつけたわけです。

 

さらに、この基本60パターンは各パターン全てで10フレーズの英文が用意されており、これら600フレーズを全て覚えることで英会話ができるというものです。

 

これ600フレーズで英会話ができるのかどうかと言うところが争点になって来ると思うのですが、内容を見た限りではこれだけ覚えれば意思疎通レベルの英語を話すことは可能かと思います。

 

その60パターンが公式サイトで公開されているのでまずは見てみましょうか!!

 

 

※公式サイトより引用

 

これらのパターンを確認すると確かに日常会話で頻出する言い出しフレーズなんですよね。

 

ただし、初歩の初歩ですので600フレーズを覚えるだけでペラペラと話せるわけではなと考えておきましょう。

 

あくまでも意思を伝えられる程度のレベルです。

 

英文の仕組みを覚えるのではなく丸暗記

 

パターンを60個しか覚えないわけですし、ぱっと見はこの60パターンを使って英文を組み立てていくようなレッスンをする教材なのかと思いきや、なんとこの七田式7+Englishは60パターン600フレーズを全て丸暗記するメゾットなんです。

 

公式サイトでも英文法は必要ないとハッキリ書かれています。

 

ネイティブは会話中に英作文などしていないし、日本人も日本語の文法なんて意識してないでしょと言う理屈。

 

60パターン600フレーズですので、1パターンにつき10個のフレーズのバリエーションを覚えることになります。

 

 

これ、よく見ると1パターンは言いだしフレーズですが、「動詞の原型」など文法用語も使われています。

 

アレルギーが出そうな小難しい説明は無いですけどね。

 

 

英文法を無理して頭で理解しようとせずに、1パターンの英文法ごとに10個のフレーズを狙い撃ちして覚えさせてしまおうという考えなのだと思います。

 

パターンが同じ文法で言いまわしが違うだけなら1パターンを覚え、パズルのように言葉を当てはめていくのが英文法を覚えるメリットなわけですが、10個狙い撃ちにして覚えるだけでその文法パターンが話せるようになるのであれば、それはそれでありかもしれませんね。

 

私は英文法をガチガチに勉強して英語力を上げてきたので、とにかく文法文法と口うるさく書いているのですが、英文法を頭で理解するのが嫌いな文法アレルギーをお持ちの人にはいいアプローチのしかただなあと言うポジティブな印象を持ちました。

 

英文法を理解する前のビギナー向け英語教材としての役割として非常に優秀な作りになっていると思います。

 

テキストを見ていただければ分かると思いますが、もう丸暗記ありきですけどね。

 

なので、私のように丸暗記が苦手な人は敬遠しがちですが、冒頭でも書いたように七田式7+Englishは記憶術でも有るので丸暗記するためのノウハウを得られます。

 

ただ、勘違いしてほしくないのですが、600フレーズを60日で覚えることは可能ですが、その記憶を何もせずに維持するとなると難しいので英語を常に使っている必要があります。

 

言いだしフレーズが書かれているだけなので会話にはなってない

 

 

英会話教材の目的は会話を覚えさせることなので、英文が会話になっているのが大前提なのですが七田式7+Englishの英文は会話にはなっていません。

 

 

ですので、英会話教材として考えると会話形式に収録されてはいないので発信力は上がったとしても、理解力や言い返す際の瞬発力は身に付きにくいと思います。

 

良くも悪くもフレーズ集なので会話として考えると、この600フレーズを暗記するだけでスムーズに会話ができるとは思えませんが、これから英会話の勉強をすると言う方が1つ目の教材として600フレーズ覚える目的で購入するならば、ゴーサインを出してもいい教材だと考えています。

 

ただ、会話したいなら会話形式の教材をすすめますけど。

 

他の教材の記事でも書いているのですが、初心者がまず行うことは会話の流れを覚えてしまうことと、頻出フレーズを問答無用で覚えることです。あと文法。

 

この教材は会話になってはいませんので、会話の流れを覚えることができないのは非常に残念ですが、初心者がまず頻出フレーズを覚えてしまうと言うのは私的にはアリです。

 

ただし、丸暗記が得意だと言う方には向きません。

 

なぜなら、この60パターンの頻出フレーズは特別に七田式7+Englishだけで厳選されているものではなく、本屋さんで販売しているフレーズ集でも十分に事足りますので記憶力のいい人は本屋さんでフレーズ集を購入しても同じような効果が得られるでしょう。

 

フレーズ集に無いのは10パターンのバリエーションフレーズでしょうか。

 

この10パターンのフレーズがとても厳選されていて、この10個に意味があるのだとすれば話は別ですが、そこまで評価できるのはネイティブだけですので、明言は避けさせていただきます。。

 

あくまでもこの教材は記憶に関してのメゾットが非常に優れているとお考えください。

 

音声の順番は日本語⇒英語の順番

 

流れる音声の順番は日本語⇒英語の順番です。

 

一般的にはあたまで英語を組み立てさせる英作文タイプの順番になります。

 

これは、私好みなのですが、問題はその速度です。

 

流れる速度はナチュラルスピードより速い速度だけしかない

 

 

これに関しては私もびっくりなのですが、この教材は流れる速度がナチュラルよりやや速めと、すごく速めの2段階になっています。

 

よくある機械的に速度を速めている音声なので、声が甲高くなっている感じです。

 

やや速めはまだわかるのですが、すごく速い速度で流れる英語はもう追いついていけなくて本当にレッスンになっているか不安になるぐらいの速度です。

 

公式サイトには書かれていなかった気がしますが、ナチュラルスピードの1.5倍と3倍だそうです。

 

3倍速はなんというか、もう脳科学で何とかするのかと思うぐらいになっています。

 

このようなレッスンを速聴というのですが、エブリデイイングリッシュ、スーパーエルマーも採用してるメソッドですので、珍しいレッスンではないのですが、このレッスンに効果があるのかどうかは未知数です。

 

それと、返金保証がついているので60日で600フレーズ覚えられなければ返品すればいいだけです。

 

 

1日10フレーズのペースで頻出フレーズを覚えられて19800円ならコスパ全然いいと思いますけどね。

 

しかも返金保証付きなんて太っ腹過ぎます。

 

商品名 7English
価格 19,800円(税込み)
返金条件 60日実践して英語が話せない場合
返金期間 購入日から60日経過後の100日以内(実質40日間)
特徴 60日で600フレーズ覚えることができる記憶術的な英語教材。
内容 CD6枚、テキスト3冊

管理人のまとめ

 

初心者が最初の一歩である程度英語フレーズを覚えるように使用するなら非常に優れた教材

 

返金保証付きなので安心。

 

ただし内容は良くも悪くもフレーズ集なので記憶方法にお金を払うという感覚。

 

個人的には文法は必要だと思っていますが、この時点(フレーズを覚える段階)で確かに文法は覚えなくても十分ではあります。

 

金額はまあ、それなりか。。。

 

会話として考えると突っ込みどころはありますが、使う場面やニュアンスを個別に確認しておけば何とか行けそうだけど、自分で工夫する必要あり。


 

 

   リスニング・・・3
   スピーキング・・・4
   会話力・・・2
   発音矯正・・・1
   語彙力・・・3

 

 

 

 

このページから申し込んでくれた方に基本特典をお付けすることが可能です。

 

 

 


このエントリーをはてなブックマークに追加  

初めて英語教材を購入選び方

 

英語教材比較ランキング