メニュー

売れ筋ベスト3

Hapa英会話 ⇒ 公式サイトで確認

ネイティブイングリッシュ ⇒ 公式サイトで確認

ヒアリングマラソン ⇒ 公式サイトで確認

各教材の良いとこ取りを実現したネイティブイングリッシュ

このエントリーをはてなブックマークに追加  

 

この教材をザックリいうと

  • 60日間の返金保証付きなのでノーリスク(開封後も返金OK)
  • ニュアンスの説明が付いている数少ない教材
  • 29,800円で日常会話78場面、ビジネス会話28場面の会話を収録(CD22枚分)
  • 速聴のリスニングレッスンがある。音声は英語⇒日本語の順
  • スロースピードでスピーキングでき、音声は日本語⇒英語の順なので頭をフルに使う

   ネイティブイングリッシュを公式サイトで確認してみる

 

このネイティブイングリッシュは、以前私が持っていた1代目EVERYDAY ENGLISH PHRASESの進化版英会話教材です。

 

現在は3代目になっていて、価格も19,800円だったのが、29,800円になっています。

 

※2代目は持っていません。

 

以前からずっと気になってはいたのですが、そこらじゅうの英語教材紹介サイトで評価が高かったので、「いい教材なら口コミしなくていいや」と言うあまのじゃく的な考えで無視していました。

 

正直に言うと、バージョンアップ前の1代目EVERYDAY ENGLISH PHRASESがあまりおススメできる教材ではなかった(平たく言うとしょぼかった)のと1万円値上げしていたので、なんかお金出すのもったいないなあと思っていたのですが、返金保障も付いているし気まぐれで取り寄せてみました。

 

ところが、1代目のEVERYDAY ENGLISH PHRASESを知っている私からすると、ホントびっくりです。

 

製作者は人が変わったのか?と思えるほど良いと言わざるをえない内容の教材に仕上がっていました。

 

価格はこの手の英会話教材に良くある29800円で、高くも安くも無いのですが、ライバル会社の価格を意識しているんだろうなあと言う印象です。

 

商品名 ネイティブイングリッシュ
価格 29,800円 (税込)
返金保証 教材を実践して成果が得られない場合
返金期間 60日以内(開封後もOK)
返金条件

教材を実践されて成果が得られない場合、ご購入されてから60日以内であれば返品を受けさせて頂きます。

表をみていただければ分かる通り、開封後もOKという返金保障付きで期間は60日間です。

 

「成果が得られない」と言うのは個人の感覚でしかないので、なかなか自信満々の教材であることが分かります。


速聴あり、スロースピードのスピーキングあり、ニュアンスの説明もあり、返金保障もあると言う良いとこ取りの教材

 

もう、見出しでほとんど分かったと思いますが、ネイティブイングリッシュは世の中の教材のいいところをガンガン取り入れて製作されています。

 

こういうことを言ってしまっていいのかどうか分かりませんが、後出しじゃんけんで結果を出しているライバル教材のいいところを全部入れてきた印象です。

 

速聴のレッスンがある

 

 

速聴のレッスンと言うのは、通常の速度の英語音声を機械的に速くした音声を聞くというレッスンをさします。

 

その早い英語を聞いた後でナチュラルの音声を聞くとゆっくり聞こえると言う理論に基づいて行われるのですが、このレッスンは特に珍しいレッスンではなく、笠原式、エブリデイイングリッシュ、スーパーエルマーなどの教材が取り入れています。

 

私はこの速聴レッスンはあまり効果を感じていないタイプなのですが、やらないよりやったほうが全然いいです。

 

スロースピードとナチュラルスピードのスピーキング用CDが入っている

 

 

聴くだけで~と言う教材のほとんどが、インプット用の英語音声もしくは英語とその日本語訳が流れる音声を用意しているだけなので、スピーキングのレッスンをするには一旦止めてリピーティング(音声をマネして音読すること)を行うか、その音声にかぶせて行うオーバーラッピング、音声の後に少し遅れて音読するシャドーイングなどのテクニックを使う必要があります。

 

ですが、初心者の場合は音声を止めずに音読を行うオーバーラッピングやシャドーイングはまずできませんので、そのような教材は何度も音声を止めながらスピーキングの練習をしなければならず非常に面倒です。

 

それに対し、ネイティブイングリッシュにはスピーキング用のCDが用意されており、スピーキングをするための無音のポーズが入っているので、そのような面倒なことをしなくてもスピーキングのレッスンをすることができます。

 

無音の空白の間が短めなので慣れは必要ですが、受講者がCDを止めずにスピーキングができるのはレッスンがスムーズに行えますので、時間の短縮にもなります。

 

また、スピーキング用のCDは、「日本語→無音の空白→スロースピードの英語→無音の空白→通常の速度の英語」の順番に収録されていますので、頭を使って英作文を行ったあと、スローとナチュラルのスピードでリピーティング(音声を真似して音読)をすることができ、スピーキングレッスンとしては非常に満足することができます。

 

スピーキングはこの「日本語⇒英語の順番」で頭を使いながら英作文をするのが重要なポイントですので、しっかり研究してきたなあという感じですね。

 

リスニングは「英語⇒日本語」で日本語の意味を確認しながら鍛え、スピーキングは「日本語⇒英語」の順番で英作文をするので様々な瞬発力を磨くことができるネイティブイングリッシュは分かってますね。

 

※上から目線ですみません

 

ちなみにスロースピードはスピークナチュラルスピーキングパワーにも収録されていますが、その2つの教材はもっとゆっくりだと言うことをお伝えしておきます。

 

詳細なニュアンスの説明がある

 

 

この教材最大の特徴はこの、ニュアンスの説明にあります。

 

ほとんどの英会話教材にはこのニュアンスの説明がありませんので、他の教材と比較する際にはこのニュアンスを知りたいかどうかと言うのが選定基準の1つにになってくるかなあと言う感じです。

 

ほとんどの英会話教材は実際の会話を覚えるわけですから、どんな場面で使うかは流れで分かりますし、ニュアンスを書いていない教材はそんな詳細なニュアンスは必要ないと言うことなのだと思いますが、ニュアンスを知ることができると言うのは、ネイティブの頭の中を知ることになるので、知っていれば応用が利きますし相手に失礼なことを言ってしまう可能性も低くなりますので、あったほうがオトクですよね。

 

他の教材で言うとヒアリングマラソンHapa英会話にもニュアンス説明があり、ヒアリングマラソンは簡単な説明だけ、Hapa英会話は情報が多め、ネイティブイングリッシュはテキストの右側に詳細な説明が書かれている感じです。

 

ただし、どの教材も1文ごとに全てのフレーズについて書かれているわけでは無いということをお伝えしておきます。

 

各教材ともに重要なフレーズの説明はありますので、それでも十分ですけどね。

 

ちなみにネイティブイングリッシュはニュアンスの説明が専用CDにも収録されていて、ネイティブが自分の経験を交えて直接指導してくれるのでとても有意義なCDになっています。

 

DJ調になっていて何だかファンキーなCDに仕上がっているのは、それはそれで悪くはないかなあと思うのですが、テキストの順番に説明してくれるわけではないので、ここが惜しいというかちょっと不満ですね。

 

どうせならトラックで整理してテキストの会話と紐付けてくれるともっと良かったのですが。

 

FMラジオを聴いている感じを想像していただければ分かりやすいと思います。

 

イングリッシュオンリーのCDもある

 

 

これは最近の教材はどの教材にも付いているので、特に書くことは無いのですが、ネイティブイングリッシュにも英語のみの会話が収録されたCDも入ってると言うことをお伝えしておきます。

 

ビジネス英会話まで収録されている

 

 

写真の赤っぽいパッケージがビジネス英会話になっていて、全部で28場面のビジネス英会話を覚えることができます。

 

これはネイティブイングリッシュの特典と言う位置づけなので、もしかしたらいつか無くなってしまうのかもしれませんが、現状ではビジネス英語も付いてきます。

 

ただし、28場面で、会話も短め、テキストも薄いのでこれはあくまでもオマケと考えておきましょう。

 

他人のレビューサイトの中には、この特典でビジネス英語を勉強できることを強調しているサイトもありましたが私はそうは思いません。

 

ビジネス英会話を勉強したいなら、それ用の教材を買ったほうがいいです。

 

これとかいいです ⇒ 6週間チャレンジ!スラスラ話せるオフィス英会話

 

メールで2年間バイリンガルに質問できる

 

サポートは電話ではなく、メールですがバイリンガルに2年間というかなりの長期間質問をすることができます。

 

英会話の勉強をしていると、一番の壁が「覚えられない」と言う記憶の壁があり、その他にも、ニュアンスが気になる、リスニングできない、次にうまく口が回らずスピーキングできない、発音が綺麗にならないなど様々な壁が出てくると思います。

 

記憶なんて質問しても良い返事が返ってくるか分かりませんが、それ以外にも壁はたくさん出てきますので、せっかくの機会ですからガンガンメールして欲しいですね。

 

2年間という長期間のサポートもなかなか珍しいと思いますのでフルに活用しましょう。

 

塩対応だったりして・・・今度メールしてみようかな・・・

 

ちなみに私は発音矯正以外はほぼクリアしていますので、私に質問してくれてもOKです。

 

たいしたこと無いですが・・・

 

⇒ お問い合わせフォーム

 

60日間の返金保障付き

 

 

さらにネイティブイングリッシュには60日間の返金保障がついています。

 

2ヶ月間じっくり試すことが可能なのは、消費者に有利なルールですよね。

 

しかも、開封後は返金が認められない教材が多い中、開封後でも全額返金に応じてくれると言う神対応。

 

これってノーリスクですよね!!

 

足早に特徴をみてきましたが、14年間英語の勉強をしている私から見ると、様々な英語教材のいいところだけ全部を入れてきたなあと言う印象です。

 

良い意味で捕らえてください。

CDが22枚で78場面の英会話と9個の読みものが収録されている

 

価格は29800円ですのでこの手の教材では一般的な価格で、特別安いと言う金額ではありませんが、CDが22枚ですので収録数はかなり多いです。

 

※同じ価格のエブリデイイングリッシュはCD12枚、スピークナチュラルは10枚。

 

日常会話78場面、読み物としてマガジン5、ニュース6が収録されているのでかなりのボリュームです。

 

 

それとテキストの質感も高級感があって、2色刷りなのでとても見やすく、しっかりお金をかけているなあと感じました。

 

ほとんどの英語教材は白黒印刷にしてその分利益を出していると思うのですが、2色刷りはカラーと同じぐらい金額がかかるそうですので消費者のことを考えてくれているのが伝わってきますね。

 

CDの音声はリスニング、英文理解系のインプットは良くある英語のあとに日本語訳が流れるタイプで頭をあまり使わずに聴くだけで覚えていく教材に分類されますが、スピーキングなどのアウトプット系は間逆の日本語の後に英語が流れるのでしっかりと頭を使って英作文をさせてきます。

 

※簡単に言うとリスニングとスピーキングでは英語と日本語の順番が逆になっている。

 

この教材以外ですと、唯一Hapa英会話がインプットとアウトプットで英語と日本語の順番を逆にしているので、インプットとアウトプットのレッスンの差別化に関してはHapa英会話を、リスニングに関してはエブリデイイングリッシュを強く意識して作られている感じですね。

 

ちなみに、1日6分から。。。と言うキャッチフレーズはスピードラーニングを意識しているものと思われます。

 

受講の進め方ですが、効果的な学習方法というのがテキストに書かれていて、日数、CDを聞く順番などが細かく書かれていますが、基本的には受講者に選ばせており強制的にやらせる教材ではありません。

 

ですので、自分でしっかりとプランを立てて進めていく強い意思は必要だと思います。

 

商品名 ネイティブイングリッシュ
価格 29,800円 (税込)
返金保証 教材を実践して成果が得られない場合
返金期間 60日以内(開封後もOK)
返金条件

教材を実践されて成果が得られない場合、ご購入されてから60日以内であれば返品を受けさせて頂きます。


管理人のまとめ

 

何これいいじゃん。CDめちゃあるし。

 

ずっと見てみぬふりをしてきた教材なので褒めるのは悔しいけど、良い教材だと言わざるを得ないな。

 

29,800円の教材の中ではダントツでコストパフォーマンスもいいし、開封しても返せる60日の全額返金保障が付いてるのは無敵な気がする。前のは180日だったけど・・・

 

実際に質問する人は少ないとは思うけど、2年間のメールサポート付きというのも覚悟を感じた。

 

会話を覚えることができるシーンも十分なボリュームだし、ニュアンスの解説もついてるとかライバル教材を相当研究して作ったなこの教材。

 

テキストの質感もいいし、カラー印刷なのも珍しいよね。品物にしっかりお金かけてるなあと言う印象。

 

スローな音声、ハイスピードな音声の両方入ってるのもスピークナチュラルとエブリデイイングリッシュの良いとこ取りなのでなんかお得な感じがするよね

 

リスニングは英語⇒日本語、スピーキングは日本語⇒英語の順で音声が流れるのもHapa英会話とこのネイティブイングリッシュだけじゃないかな。たぶん
※他にもあったらゴメン

 

ただ、1日6分からは無いわー、某有名教材の5分に対抗したくなる気持ちは分からなくもないけど、ネットで叩かれそうなネタだよね。

 

公式サイトにこれ書いてなかったらベタ褒めするとこだったのに。

 

あと、流して聴くだけと言う文言も「リスニングに関しては」とハッキリ書いておいた方がいいね。

 

スピーキングのCDが付いているのも売りの1つなのに、「聴くだけで・・・」と間違った説明をしてるサイトが結構あるし、ああいう間違った情報で煽ってるレビューサイトは取り締まったほうがいいね。確信犯だと思うから。

 

ビジネス英語も特典と言う位置づけなので専用の教材じゃないのに、あたかもビジネス英語が学べるかのように書いてるサイトもあるし・・・

 

ネイティブイングリッシュのやつはあくまでもオマケなんだから、ビジネスやオフィスでの会話を覚えたいなら専門の教材を買うべし。

 

とはいえ、久々に即買いの教材が出てきましたな。

 

なんというかテキストの素材をケチってる教材が多いから、触った感じの質感がいいのはホントに好きだし、2色刷りのカラー印刷も見やすいから満足感が得られるよね。

 

テキストはお風呂用と普段用の2冊入れてくれたら完璧なんだけどなあ。とここでメーカーに理不尽な要望を出して見る。

 

あと、ニュアンスCDのDJトーク長いわー(笑


 

 

   リスニング・・・4
   スピーキング・・・4
   会話力・・・4
   発音矯正・・・3
   語彙力・・・3

 

 

このエントリーをはてなブックマークに追加  

初めて英語教材を購入選び方

 

英語教材比較ランキング