メニュー

売れ筋ベスト3

Hapa英会話 ⇒ 公式サイトで確認

ネイティブイングリッシュ ⇒ 公式サイトで確認

ヒアリングマラソン ⇒ 公式サイトで確認

スピードラーニングVSリスニングパワー

このエントリーをはてなブックマークに追加  

 

 

今回の記事は誰もが知っている超有名教材スピードラーニングとリスニングパワーの対決企画です。

 

 

まず最初に話しておきたいのは、実はこの2つの教材はコンセプトが全く異なるので比較対象としては少し無理があります。

 

 

行うレッスン、価格、収録内容、何を取っても全然違います。

 

 

そんな理由から非常に迷ったのですが「スピードラーニング リスニングパワー」と言う検索ワードでお越しの方が非常に多いので、違いを知りたい方が多いのだと思いちょっと記事にしてみました。

 

両者が行うレッスンのコンセプトなど切り口と言うかどんなレッスンをさせてどんな結果を期待できるのかを中心にレポート出来ればと思います。

 

キャッチコピーの聞き流すだけとか聞くだけみたいなところは、あまり気にしないでと言うか購入材料にはしない方がいいと思います。


まずはデータの比較をして見ましょう

 

スピードラーニング

売り文句 音声を聞くだけ
価格 223,776円 【税込】
教材内容 CD、テキスト全48巻(途中解約可能)
受講内容 家族の会話などの後に日本語訳が流れるのでそれを聞くだけで発音も意味も同時に覚えてしまおうと言うレッスン。
学習期間の目安 4年間
リスニングの速度 ややゆっくりめ
サポート 受講中月2回までバイリンガルスタッフとのフリートーク(1回5分)。
分析

リスニング 2
スピーキング 3
会話力 3
発音矯正 3
語彙力 5

リスニングパワー

売り文句 音声を聞くだけ
価格 14,800円 【税込】
教材内容 CD2枚、テキスト1冊(テキストはほとんど使わない)
受講内容 単語、母音・子音の単音、日本人が聞き分けにくい音の比較など音を聞き分けることにこだわった受講内容。
学習期間の目安 1ヶ月~
リスニングの速度 ゆっくり~ナチュラル
サポート なし
分析

リスニング 3
スピーキング 0
会話力 0
発音矯正 3
語彙力 0


 

データをみると全く違いますね。

 

教材内容の違い

 

スピードラーニングとリスニングパワーはもう別次元の教材同士なので何もかもが違うのですが、スピードラーニングをリスニング教材だと紹介している人が多いので、同じような教材だと思われている方が多いのかもしれません。

 

これはコンセプトを確認してみると分かります。

 

スピードラーニングは英文のあとに日本語訳が流れるので、その音声を聞くだけで英語は話せるようになり理解もできると言うコンセプト。

スピードラーニング
・英語ネイティブの音声を聞いて会話や発音を身につける
・英文の後に日本語訳が流れるので意味を理解し話せるようになる

ちょっと大雑把ですが、こんな感じのコンセプトです。

 

対してリスニングパワーは、日本語には無い英語特有の音を何度も聞く感じで、日本語に無い母音や子音の音を覚え、日本人が聞き分けにくい発音を聞き分けていくレッスンが主です。

リスニングパワー
・日本語にない母音、子音の音、LとRなど日本人には区別がつきにくい音を聞くレッスンをして英語の音を覚える

リスニングパワーはこの一点に絞っている教材です。

 

比較したいのですが、全然違いますよね。

 

収録されている内容の違い
スピードラーニング リスニングパワー
ネイティブ同士の会話を収録。英文の後に日本語が流れる。 日本語にはない母音・子音の音、聞き分けにくい音の比較音、日本語英語とネイティブ英語の比較音など。
収録音声のスピードの違い

これは明らかに違うのですが、リスニングパワーは会話ではなく単音中心なのであまり気にしなくてもいいかなあと言う印象です。

スピードラーニング リスニングパワー
ナチュラル(ややゆっくり) ゆっくり~ナチュラル

 

収録されている内容を見ると分かると思うのですが、スピードラーニングは初心者が英会話を覚える教材で、リスニングパワーは日本語に無い音を覚える教材。

無料試聴について

残念ながらどちらにも返金保証はついていませんが、両者ともに無料試聴用の音声が用意されています。

 

スピードラーニング

 

スピードラーニングは初回セットに無料試聴用のCDがついてきますので内容を確認することは可能です。

 

無料試聴用CDは意外の物を開封してしまうと返品できません。

 

リスニングパワー

 

対してリスニングパワーは公式サイトで無料試聴が可能です。

 

どちらがいいかは考え方次第ですが、どちらも購入前に確認できるわけですから必ず確認したほうがいいと思います。

 

スピードラーニング リスニングパワー
初回セットを頼めば無料試聴用のCDが入っている 公式サイトで視聴可能

金額の比較

 

これはコンセプトが全く違うので比較できません。

 

行うレッスンも違えば、収録内容も全然違う訳ですから両者を比較することはできません。

 

まとめ

 

スピードラーニングとリスニングパワーのコンセプトが別次元なので少し強引な比較記事になってしまいました。

 

ですのでどちらに軍配が上がるとかそういうまとめは出来ないのですが、軽くまとめてみると・・・・

 

スピードラーニング

 

ネイティブの会話と日本語訳を聞いて、場面ごとに英会話を覚えちゃいましょうというコンセプトです。

 

発音に関しては、ネイティブが収録した英語を聞いて覚える内容ですが、スピーキングに関しては聞くだけではできませんので自分の口で発音してみる必要があるでしょう。

 

リスニング、スピーキング、英文理解、会話の記憶を同時に行おうと言う教材。

 

受講期間が長い分、他の似たような教材よりコストが上がってしまうのだけがネックかなあとは思うのですが、ボキャブラリーを増やすとか英語に触れていると言う目的なら非常に使える教材。

 

リスニングパワー

 

これもリスニングと大ざっぱに書いてしまうと、英会話が流れてくるようなイメージになってしまうと思うのですが、完全に日本語に無い音を覚えることに絞っています。

 

英語が聞き取れない人に、日本語にはない英語の音を覚えてもらいリスニング力を上げると言うコンセプトです。

 

ですので、英文の収録は多少はされてはいますが、英語フレーズを覚えるようなレッスン内容ではありません。

 

日本語にはない母音、子音の音をを徹底的に聞かされ、聞き分けにくい音を徹底的に聞かされる感じです。

 

子供の頃には聞き取れていた英語の周波数帯をまた聞き取れるようにレッスンすると言うのは、科学的すぎて個人サイトでは評価できません。

 

証明のしようがありませんので。

 

管理人のまとめ

 

 

スピードラーニングはリスニングと言うよりは英会話を場面ごとに丸ごと覚える教材といってしまった方が分かりやすいと思う。

 

これから英会話の勉強をしようと言う初心者向けだよね。

 

対してリスニングパワーは英語の音を覚える教材なんだけど、その覚え方が聞くだけとかそういう感じのノリじゃなくて、脳科学まで巻き込んだもっとアカデミックな感じ。
なんというか覚えると言うか反復練習で脳に音を刻みこむ感じなので非常に評価し辛い。

 

とりあえずどっちも聞くだけと言うレッスン方法は共通してるけど、スピードラーニングは英会話を覚え、リスニングパワーは音のみを覚えるので、両者は全く違うことを行う教材。

 

リスニングパワーの「子供の頃には聞き取れていた英語の周波数帯をまた聞き取れるようにレッスン」と言うのは、何と言うかちょっとあおってる感がある気がするけど、英語は子音中心の言語なので周波数が日本語より高いのは事実

 

ただ、なぜか子音より母音を中心に聞かせてくる理由は分からないとこんだよね。

 

ちなみに、たまにメールで質問が来るのでここで書いておくと、1つ目に英語初心者が購入する英語教材として選ぶべき教材は、英会話が収録されているスピードラーニング。

 

だって、仮にリスニングパワーで英語が聞き取れるようになったとしても、会話を知らないんじゃ意味も分からないじゃないですか。

 

英文の理解ができないなら聞き取れていないのと同じ。

 

英会話がしたいなら、英会話が収録されている教材を選ばないと何も始まらない。

 

リスニングパワーはあくまでもリスニングを鍛える教材。

 

両者は全然違うのでお間違えのないように!!


 

 

⇒ スピードラーニングのレビュー

 

⇒ リスニングパワーのレビュー

このエントリーをはてなブックマークに追加  

初めて英語教材を購入選び方

 

英語教材比較ランキング