メニューボタン

売れ筋ベスト3

Hapa英会話 ⇒ 公式サイトで確認

ネイティブイングリッシュ ⇒ 公式サイトで確認

ヒアリングマラソン ⇒ 公式サイトで確認

初心者でもビジネス英語で英会話が学べる6週間チャレンジ!スラスラ話せるオフィス英会話

このエントリーをはてなブックマークに追加  

 

6週間チャレンジ!スラスラ話せるオフィス英会話は、言語学者の御園和夫博士が監修&開発したビジネス英会話教材です。

 

御園和夫博士は、30日間英語脳育成プログラムと言う有名な教材を開発した方で言語学博士と言う肩書きになっています。

 

会話の内容はオフィスでの会話&ビジネスで使いそうな会話に絞られているので、ジャンルとしてはビジネス英会話ですが公式サイトには初心者でも学べるビジネス英会話教材と書かれています。

 

詳しいことは後術しますが、オフィスでの会話を題材に英会話を覚える教材になっていて、初心者向けにCDで様々な解説があるので確かに初心者でもいけると思います。

 

この教材をザックリいうと

  • ビジネス英語を題材に英会話を覚える
  • 14のステップで同じ会話を1日に最低24回聞かされるのでさすがに覚える
  • 英語がナチュラルスピードなので非常に実践的
  • 日本語の思考で英語を読解していくスタイルなので大人向き
  • 表現のニュアンスや使い方を音声で解説してくれるので理解しやすい

  スラスラ話せるオフィス英会話を公式ページで確認する

 

種類は上巻と下巻の2種類があり、セットで購入すると9500円お得です。

 

 

上巻 29,500円(税込)
下巻 29,500円(税込)
上下巻セット 49,500円(税込)

6週間チャレンジ!スラスラ話せるオフィス英会話の特徴

 

題材がオフィスだけど英会話が覚えられる

 

教材のジャンルとしてはビジネス英語に分類しましたが、題材がオフィスやビジネスに使いそうなシーンを収録してるというだけで、英会話教材のジャンルに入れてもいい教材になっています。

 

よくある文法順などにはなっておらず、オフィスの同僚や上司と仕事上の会話をしていくなかで表現を覚えていくのでとても実践的です。

 

英会話と聞くと日常英会話を思い浮かべると思うのですが、トラベル英会話もビジネス英会話も大きな枠では日常会話ですので、会話を覚えると言う意味では何が題材でも大差はありません。

 

ちなみに、この6週間チャレンジ!スラスラ話せるオフィス英会話は、小難しい専門的なビジネス会話と言うよりは普段使う会話がベースになっているので初心者でも問題ないと言うのを公式サイトで強調しています。

 

14のステップで1つ1つ頭で理解しながら反復レッスンをする

 

この教材は言語学者が開発しているので、会話ができるようになるための考えがしっかりしていて、そのロジックを14のステップを行うことで実現できるように設計されています。

 

つまり、何も考えずにこの通りの順番でレッスンをしていけばいいわけです。

 

14のステップは以下のとおり

1.日本語で会話の場面の説明があるので、背景を想像する

2.英語の音声を聞き会話の流れをつかむ 【CD1回目】

3.CDを聞きながら日本語で質問に答える 【CD2回目】

4.単語や2,3語でできた句の意味を日本語で選ぶ

5.4で覚えた単語の意味を意識しながらCDを聞く 【CD3回目】

6.会話の文脈を理解できているかいくつかの英文をみて正誤を答える

7.日本語で会話の意味を確認する・・・ここで初めて日本語訳を確認する

8.日本語で意味を確認した上でCDを聞く 【CD4回目】

9.CDを聞きながら英文の穴埋め問題に答える 【CD5回目】

10.日本語で書かれた単語や句を英語で答える

11.使い方、ニュアンス、発音、たまに文法などの解説を聞く

12.解説で聞いたポイントを踏まえながらCDを聞く 【CD6回目】

13.テキストを見ながら3回音読する 【自主的にCD7回目】

14.最後にもう一度CDを聞く 【CD8回目】

※【CD●回目】はCDを聞く場面。2~3往復の会話や短めの機内や場内アナウンスなどが3回流れる。

 

この14のステップを見てもらうと分かると思うのですが、会話の流れをつかむことと、読解、質問に答えるなど頭を使って考えることが中心になっているんですね。

 

そのステップの流れの中でCDで英語を聞きながら考えることが多いのですが、そのつどそのページの会話を3回聞くのでリスニングの反復レッスンにもなっています。

 

ステップ11の説明の中でも、単語を入れ替えて応用を利かせたり、似たような表現を覚えながらリスニング&スピーキングをするのでとにかく同じ会話を何度も聞かされます。

 

14のステップでCDを聞く場面にはCDのトラックNOが表示されているので、今テキストのどこを聞いているか分からなくなってしまうようなことはまずありません。

 

 

また、説明を除いてCDを聞く箇所が7箇所あるのですが、毎回会話を3回聞くので、かなりの反復レッスンになります。

 

ちなみにステップ13の音読にはCDマークが付いていませんが、音読はネイティブの音声を聞いて行なわないと自己流の発音が身についてしまうことがあるので、CDを聞きながらリピーティングをすることをおすすめしておきます。

 

となると、14のステップで会話を合計24回聞くことになります。

 

これを1日に何度も繰りかえし聞く場合はさらに回数を聞くことになります。

 

日本語思考で読解していくスタイル

 

これも、この教材の特徴なのですが、英語を英語で理解していきましょうと言うような英語教材とは違い、日本語思考で考え英文を読解していくスタイルになっています。

 

個人的にはこのスタイルはとても好きでして、私ごのみのレッスンなのですが、どちらが良い悪いではなく大人にはこういうレッスンが必要だと思います。

 

英語初心者は特に英文と和訳をただ聞くだけでは聞き取れたつもり、理解したつもりになってしまって結局は何も覚えていないと言うことが多々あるのですが、6週間チャレンジ!スラスラ話せるオフィス英会話はCDを聞いて文脈を理解しているか質問されたり、単語をしっかり理解しているかを問われたりしますので、常に脳が働いている状態になっています。

 

ですので、記憶と言う面ではしっかりと脳裏に焼きつくような印象です。

 

英語の音声はネイティブ同士が話す速さのナチュラルスピード

 

この教材はナチュラルスピードにこだわっている教材なので、流れる英文の音声はかなり早めの英語が流れてきます。

 

一般的にどの教材もナチュラルスピードが流れますと言っている教材が多いのですが、実際にはフェイクナチュラルと呼ばれる少し遅めの速度で収録されている教材が多く、ろくにレッスンをしていないのに結構聞き取れてしまったりします。

 

ですが、この教材は本当に早いスピードで収録されているので、初心者が聞くと最初のうちは全く聞き取れないと思います。

 

ホントに早いので、ストップウォッチで計測してみたのですが、1分間に156語~168語程度の速度でした。

 

ネイティブ同士の会話が1分間に180語~200語以上ですので、ネイティブ同士の速度よりやや遅めの速度と言う結果でした。

 

ですが、日本人が英文をストレスなく聞き取れて理解できる速度が1分間に80語程度ですから、この教材がいかに早いかお分かりいただけるかと思います。

 

このナチュラルスピードでのリスニングは、御園和夫博士が開発する教材の特徴で、30日間英語脳育成プログラムも全く同じです。

 

ちなみに私の考えを話しておくと、リスニングに関してはナチュラルな速度で聞いたほうが、リンキング(リエゾンとも言う)などの、音がつながって第3の音が出現するような変化を覚えられるので、最初からナチュラルスピードでリスニングしてしまっていいと思っています。

 

※スピーキングはゆっくりから始めないとうまくいきません。

 

ニュアンスや使い方の解説があり、単語を入れ替えた別のパターンのレッスンまで行う

 

ビジネス英語と言うとある程度英語が話せるようになってから覚えるイメージがあるかと思うのですが、6週間チャレンジ!スラスラ話せるオフィス英会話は、ステップ11でニュアンスや表現の使い方、発音の指導までしてくれます。

 

中には文法の説明などもありますが、基本は会話(ダイアログ)の中から選んだ1つのフレーズを元に単語を入れ替えながら応用を利かせていくレッスンと、発音のレッスンが主なので、リピーティングをすることが多い内容になっています。

 

単語を入れ替えて応用を利かせるレッスンは間接的に文法のレッスンにもなっているので、ほとんどの教材で行っていることなのですが、ニュアンスや使う場面の解説付きで「Repeat after me」、「●●と言ってみましょう」など英会話教室さながらの音声解説になっているので、非常によくできています。

 

ただ、この解説で1つ残念なことがあるのですが、この解説をしてくれる人が3人いてその中の一人のネイティブJoeさんの解説が全て英語なんです。

 

英語教材ですからそれもありなのかもしれませんが、公式サイトで初心者でも学べると書いているわけですから、全て英語の解説はどうかと思います。

 

私がざっと数えたとこと初級6回、中級5回の計11回Joeさんが出てきます。

 

串田美保子さんの解説がとてもいいだけに非常に残念だと感じました。

 

ここに問題提起しておきます。

何も考えずに進められるところがとてもいい

ほとんどの英語教材はテキストか音声で学習方法や教材の進め方などの説明があると思います。

 

ですので、その通りに進めていけばいいのですが、英語初心者はそううまくはいきません。

 

本当にこれで進め方は合っているんだろうか?

 

本当にCDを聞いているだけで英語が身につくのだろうか?

 

英語学習というのは短期間で劇的に上達を感じることはまずありませんので、購入して最初のうちはその教材を完全に信じることができない場合が多いです。

 

そうなると、無意識のうちにやるべきことの中から勝手に除外してしまうレッスンがあったり、毎日の学習時間がどんどん短くなっていったりしてしまいます。

 

特に1日にどれだけの時間を勉強に当てるかは、どの教材も受講者に任せているとことがあり非常にあいまいなので、どのように教材を進めていくかと言うのは初心者にとっては悩むところだったりします。

 

ですが、6週間チャレンジ!スラスラ話せるオフィス英会話は、毎日やるべきことが14のステップで決まってしまっているので、そのようなことで悩む必要があありません。

 

しかも、言語学博士が英語ができるようになるために考えたメソッドが14のステップで実現されているわけで、もうそれを信じてその通りに行う教材なので私はとてもいいと思います。

 

この御園博士の英語上達メソッド自体を言語学者でもない私が評価することはできませんが、少なくとも頭で考え、会話を読解していきながら、しかも1日に24回も同じ会話を聞くわけですから、画期的ではないものの英語力が全く上がらないと言うことは極めて低いと思います。

 

また、30日間英語脳育成プログラムは、PC用のソフトで進めていくスタイルでしたが、6週間チャレンジ!スラスラ話せるオフィス英会話はCDになっているので、外出時にもレッスンをすることが可能になっています。

まとめ

 

ビジネス英語と言ってもその職種は様々ですが、オフィスで一般的に話す会話は絞り込めますので、オフィスで話す簡単な会話を覚えながら、英会話を覚えて行きたい人にはいい教材だと思います。

 

CDに収録されているのが、その日にレッスンする2~3往復程度のスモールトークが英語のみで3回と、その会話の中から重要なフレーズを元にニュアンス、使い方、発音などの初心者向けの説明の2種類です。

 

ですので、基本はテキストを使いながら設問に答えていったりするので、それにあわせてCDを再生しないといけないのですが、ステップの中でCDを聞くステップにはCDのトラックが表示されているので、PCに取り込んでしまうなどの工夫をすればそう面倒ではありません。

 

※慣れは必要

 

繰り返しレッスンすることを考えるとテキストに書き込みたくないのでノートも必要ですね。

 

また、説明の中で大切な文法の説明はありますが、かなり簡単にしか出てこないので、他の英会話教材と同様英文法の勉強は別でしたほうが理解度が増すでしょう。

 

14のステップはメソッドとしては評価できませんが、繰り返しの反復レッスンになっているところは評価できます。

 

ただ、毎日少しずつのレッスンを6週間行うプログラムになっているので、会話自体は少なめです。

 

だいたい2往復、多くて3往復になっていますので、本当にちょっとしたオフィス会話になっています。

 

CDを相手に瞬発力を鍛えたり、英作文で英文の組み立てをガッツリレッスンしていくようなプログラムにはなっていません。

 

商品名 6週間チャレンジ!スラスラ話せるオフィス英会話 上巻(初級)
価格 29,500円(税込み)
特徴 何も考えずに14のステップにそって英会話が学習ができる。題材はオフィスシーンの会話。
内容 CD3枚、テキスト1冊
商品名 6週間チャレンジ!スラスラ話せるオフィス英会話 下巻(中級)
価格 29,500円(税込み)
内容 CD3枚、テキスト1冊

※上下巻セットは42,500円(税込) セット購入だと9500円お得

 

管理人のまとめ

 

ビジネス英会話と聞くと難しいイメージがあるけど、オフィスでよく使う短めの会話が中心になっているので初心者も問題ないことは確かです。

 

毎日6週間なので覚えるシーンは42シーンと多めなのですが、会話が短めなので会話時間が特別多い訳ではないです。上下巻両方やればとても多いですが。

 

※上下巻がつながっているので、セットで受講すれは84シーン。

 

個人的には、日本語の頭で考えながら英文を理解していくスタイルと、英文のスピードが本当のナチュラルスピードなのは非常に評価できます。

 

14のステップの流れで、同じ会話を何度も聞く必要があるのですが、スピーキングは少なめなので、どちらかと言うとリスニング寄りの教材です。

 

CDでの初心者用の解説も非常によくて、特に串田美保子さんの解説がとてもいいのですが、Joeさんの全部英語での説明は初心者にはさっぱり分からないと思います。そこがとても残念。

 

英語の説明を理解できるならもう初心者じゃないですからね。

 

全般的にあまり文句のつけようが無い教材なのですが、もう1つ気になるところは串田さんと御園博士の解説のところで、発音やスピーキングのレッスンがあるのですが、お二人が訛りの無いネイティブ発音なのかどうかが気になりました。

 

私にはその訛りが分からないので確認のしようが無いのですが、もし英語ネイティブでないのならのネイティブの発音以外は教材に入れるべきでは無いと思います。

 

自称バイリンガルで私には綺麗に聞こえる発音でも、ネイティブには違和感がある場合が多いので要注意です。

 

だた、串田さんの発音の説明とレッスンはとても分かりやすくて、楽しいのでとても好きです。こういうのを発音矯正の教材にも入れて欲しいですね。

 

串田さんの発音は私にはネイティブのような綺麗なに聞こえましたが、実際はどうなのでしょうか!!

 

あとCDケースはもうちょっといいのにして欲しかった・・・CD取り出すとき割れそうで怖い。。


 

 

   リスニング・・・4
   スピーキング・・・3
   会話力・・・3
   発音矯正・・・3
   語彙力・・・3

 

 

詳細は公式サイト通販で確認して下さい。

 

 

このエントリーをはてなブックマークに追加  

初めて英語教材を購入選び方

 

英語教材比較ランキング