メニュー

売れ筋ベスト3

Hapa英会話 ⇒ 公式サイトで確認

ネイティブイングリッシュ ⇒ 公式サイトで確認

ヒアリングマラソン ⇒ 公式サイトで確認

私が注目している教材ネイティブスピーク

このエントリーをはてなブックマークに追加  

 

この教材をザックリいうと

  • 世界初のCG化によりネイティブの口の中の動きが手に取るように分かるようになる
  • 番号通りに舌を動かすだけで正確な発音ができるようになる(音声解説付き)
  • 舌の位置が分かる教材は他にも存在するが、動きまで分かるのはこの教材だけ
  • 正面、側面の2パターンの口元の動画がアップで確認できる数少ない教材

論より証拠、サンプル動画をみてください。

 

  ネイティブスピークを公式ページで確認する

 

英語の発音を日本人のカタカナ英語からネイティブの綺麗な発音に近づける発音矯正を目的だけに特化した教材といえばUDA式の鵜田豊さん、スギーズ式の杉本宣昭さん この2大巨匠が実績を上げてきました。

 

もちろんお二方は発音矯正の権威でいらっしゃり、教材もすばらしいと思います。

 

数年前には、英語耳という本が「発音できない音は聞き取れない」というキャッチフレーズで話題になり松澤 喜好さんという方も有名になりましたね。

 

そして最近ではスコットペリーさんと言うアメリカ人言語学者です。

 

スコットペリーさんは、日本人の発音矯正実績が2500人以上という驚異的な数字を残しており、さらに有名な日本人俳優&女優さんのハリウッド進出時の発音矯正を担当していたほどの発音矯正の権威です。

 

ウィキペディア

 

下記サイトでも誰を指導したかを確認することができます。

 

インターネット・ムービー・データベース
※インターネット・ムービー・データベースは俳優、映画、テレビ番組、テレビ・スターおよびビデオゲームに関する情報のオンラインデータベース

 

スコットペリーさんのホームページに指導した有名人の名前が書かれているので確認してみてください。

 

スコットペリーさんの写真の下にFilmという欄があって、Leonie (2010)、Imago Mortis (2009)、と映画の名前が書かれているのですが、その中のLeonie (2010)47 Ronin (2012)、で指導した有名人は日本人なら誰でも知っているのではないでしょうか。

 

Pacific Rim (2013)に書かれている女優さんも最近話題になり名前が売れましたね。

 

とまあ、誰を指導したなんて言うのは実力とは関係ないのですが、ハリウッド映画の制作現場にまで呼ばれ、このようなサイトで紹介されているのは凄いなあと思います。

 

ハリウッドでの信用はあるということなのだと思います。

 

さて、今回私が一押しをさせていただきた教材は、そのスコットペリーさんが監修した発音矯正の教材ネイティブスピークです。


ネイティブスピークはCGで口の中の動きが見える!!

 

一般的に発音矯正と言えば、下の位置や形、唇の形などを実際にネイティブが発音している場面の動画を見ながら自分で真似をしてみるという方法が一般的で、唇の動きは真似できても舌の動きは分かりませんでした。

 

ですがこのネイティブスピークは口の中の動きをCGで再現しているので、今まで分からなかった舌の動きが手にとるように分かります。

 

また、振ってある番号通りに動かすだけでネイティブの発音が身につくというのはかなり画期的な試みで、何よりシンプルでいいです。

 

冒頭でも紹介しましたが、実際に見るのが一番だと思いますので実際にサンプル動画を確認してみるのが一番分かりやすいと思います。

 

 

詳細は公式ページで確認してみてください。

 

⇒ 公式サイトで確認してみる


DVDの中身をちょっとだけ見てみましょう

 

DVDなので覚えたい音をメニューで選んでレッスンしていけるのはとてもレッスンしやすいですね。

 

 

この画像を見てもらうと分かると思うのですが、動かす部分に番号が振ってあるので、そのとおりに動かすだけです。

 

この番号どおりに舌や唇を動かしていくだけなので、「口の中の動きが分かってもうまく動かせるか心配」という方も、そんな心配は用です。

 

それと、口の中が見えるのはやっぱり分かりやすいですね。

 

動画だけでは口の形と外からの動きしか分かりません。

 

 

さらに、動画は正面と横の口の形がアップで確認できますので死角はないと思います。

 

 

あとは吐く息の強さぐらいでしょうか。

 

吐く息に関してもDisc2のボイストレーニングと言うレッスンがあるので分かりやすく説明されています。

 

あとは、その音が含まれている単語や英文単位でのレッスンも含まれています。

 

 

ディスク2はリエゾンとスピーチ、ボイストレーニングのレッスンが出来ます。

 

リエゾンが大切なのは知っていましたが、ボイストレーニングもかなりいいですね。

 

 

リエゾンのレッスン

 

英語を話すための、息遣いや腹筋などの使いかたを覚えるレッスン

 

 

どこまで見せちゃっていいのか分かりませんので、このへんにしておきますが、基本的な音はこの教材で十分なんじゃないかと思います。

 

あの有名なUDA式で30音ですから、ネイティブスピークで学べる音の多さが分かってもらえると思います。

 

母音16個と子音24個で最低でも40音は学べます。

 

公式サイト ⇒ 最先端CG映像でネイティブの口の中の動きがわかる発音教材「ネイティブスピーク」

商品名 ネイティブスピーク
価格 12,800円(税込み)
特徴 CGで口の中の動きが分かり各パーツに番号が振られているので、その番号通りに口を動かすだけで綺麗な発音が手に入る。
内容 DVD2枚、テキスト1冊

 

管理人のまとめ

 

 

発音教材イチオシ

 

英語の発音を練習している人は知らないと損する教材かなあと思います。

 

世界初と言うのはどうでもいいのですが、舌の動きが分かるというのは本当にすばらしいです。

 

今までは舌の位置や口の形をイラストなどで確認するしかなかったのに対し、CGで口の中動きを確認できるのは画期的。

 

動画にも限界がありどんなにアップで撮影しても、唇の形と舌が少しだけ見れるだけでしたが、ネイティブスピークは口の中の動きがCG化されていて各パーツに振ってある番号どおりに口のパーツを動かすだけで発音矯正ができるので、実際に自分で発音するときにもパニックになりにくく、非常に再現性の高い教材だと思います。

 

また英語は腹式呼吸が大切なので息遣いなどのレッスンも必要なのですが、そのへんのレッスンもDisc2に入っているので発音矯正の教材としては満点だと思います。

 

自分の声を録音してネイティブの音声の波形を見比べなから発音矯正ができるロゼッタ・ストーンやUDA式と比べると機能的には見劣りしますが、波形が分かっても発音矯正は難しいかなあと思っていたので、CGはかなり良かったです。

 

郵便局のEMS便が配達可能な地域なら海外発送もしてくれるので、英語圏在住で発音に困っている方はにはぜひ手にとっていただきたい教材です。


 

 

   リスニング・・・4
   スピーキング・・・0
   会話力・・・0
   発音矯正・・・5
   語彙力・・・0

 

 

 

それとこのサイトからネイティブスピークを申し込みをされた方限定で、下記の特典をお付けすることが可能です。

 

基本特典+レベッカ先生の1日5分の英会話レッスン全期間無料券

 

 

月1,000円で1年間毎日届くメールレッスンで、総額で12,000円です。

 

【英語音声教材付き】レベッカ先生の1日5分の英会話レッスン

 

これが全期間(1年間)無料になります。

 

上記特典付きでのきネイティブスピークの申し込みはこちらからどうぞ

 

 

申し込みが完了すると、購入者限定のサポートページにご招待致します。
その中の特典受け取りページからお受け取りください。

 

受け取りに問題があった方はこちらのお問い合わせフォームから連絡してください

 

⇒ お問い合わせフォーム

 

特典の受け取り方について

 

⇒ サポートについて

 

※ちなみに、サポートページには今後私用に作った音声素材などをどんどん追加していく予定ですので、たまにチェックしていてください。

 

※更新の連絡はチャットなどで連絡しています。

 

関連記事

このエントリーをはてなブックマークに追加  

初めて英語教材を購入選び方

 

英語教材比較ランキング