メニューボタン

売れ筋ベスト3

Hapa英会話 ⇒ 公式サイトで確認

ネイティブイングリッシュ公式サイトで確認

プライムイングリッシュ 公式サイトで確認

電車移動が多い人

 このエントリーをはてなブックマークに追加 

 

電車の移動中は声に出して音読ができないので、サイレンスシャドーイングを行います。

 

サイレンスシャドーイングは頭の中で音読をする手法で、聞こえた英文をそのまま頭の中で繰り返します。

 

と言われてもなかなか感覚が分からないと思いますが、頭の中でスピーキングを行うという感覚が最も伝えやすいと思います。

 

私の中ではイメージトレーニングに近いです。

 

音読ができませんので、声マネ(モノマネ)はできませんが、英文の意味を思い浮かべながら頭の中でスピーキングすることができれば、抑揚や協調などの英語のリズムも頭の中で思い浮かべることが可能です。

 

少し慣れが必要ではありますが、何度か実践していくうちに自分なりのイメージトレーニングが確率してくるはずです。

 

これ実際に行って見ると分かるのですが、実際に声に出して行うスピーキングよりも全てがうまくいきます。

 

自分のイメージなわけですから当たり前といえば当たり前なのですが、これを行うのと行わないのではかなり違います。


リスニングするだけじゃ効果が出ないのかどうかという質問について?

 

私はメールでよくやり取りしている英語学習者さんと、このサイレンスシャドーイングについて話し合うと必ずと言っていいほど出てくる質問が、「聞くだけではダメですか?」という質問です。

 

英語の音声を聞くだけでもリスニングのレッスンになりますが、同時に頭の中でシャドーイングを行った方が学習効果が高いのですから、サイレンスシャドーイングを行わない理由はありません。

 

どうしてもサイレンスシャドーイングを行いたくない理由があるのであれば、英語の音声を聞き取るだけでもOKですが、そうでないのであればやった方がいいです。

 

CDやMP3ファイルを止めるわけではないのですからこのレッスンにかかる時間はサイレンスシャドーイングを行う場合と行わない場合ではどちらも変わりません。

 

だったら、何も考えずにサイレンスシャドーイングを行えばいいんじゃないかなあと思います。

 

面倒とかそういうことが頭に浮かんだ人は、考えを改めたほうがいいかと思います。

 

それと家に帰るとテレビとか色々な誘惑があって英語の勉強ができないという人は多いと思います。

 

だからこそ教室などで缶詰になって「やらなければならない状況を作り出す」ことに価値を感じる人が多く、塾や学校ビジネスが儲かるわけですが、東京在住の人の場合で通勤に山手線を使う人は、1日何周と決めてずっと電車に乗りながらサイレンスシャドーイングを行うというのも1つの手です。

 

 

これは半分冗談で半分本気なんですが、自分がレッスンをしない理由が分かっている人は、なぜやらないのかという理由をしっかり考え、その理由をつぶしていくことで英語学習の時間を作り出すことが可能です。

 

思い当たることがある人は策を練ってみてください。

まだまだあるサイレンスシャドーイングができるスキマ時間

 

フィットネスクラブに通っている人は、ウォーキングマシンでウォーキングしているときに同じことができます。

 

テレビを見る代わりにスマホやMP3プレーヤーを持ち込んで英語を聞きながらサイレンスシャドーイングを行ってみてください。

 

周りに人がいなければ小声でスピーキングするのもありです。

 

その他にも英語の音声が聞ける時間が少しでもあれば、サイレンスシャドーイングは可能です。

 

病院、オイル交換中、役所の手続きなどの待ち時間。

 

一人での食事中など、頭で考える必要のない時間であればいつでも実践可能なのが、このサイレンスのいいところです。

 

イメージトレーニングだと馬鹿にせず、ぜひ実践してみてください。

 


 このエントリーをはてなブックマークに追加 

初めて英語教材を購入選び方

 

英語教材比較ランキング

 

関連ページ

自動車移動時(運転中)の英会話レッスン実践法
自動車通勤で通勤時間が長いかたや、営業を自動車で回っている方は移動時間を英会話教室にして実践の場を作ることで英語力を伸ばします。
お風呂の時間は英文を覚える時間に使う
お風呂ぐらい何も考えずにゆっくり入りたいところですが、湯船に使っている時間を有効に使って英文を覚えてしまいましょう。