メニューボタン

売れ筋ベスト3

Hapa英会話 ⇒ 公式サイトで確認

ネイティブイングリッシュ公式サイトで確認

プライムイングリッシュ 公式サイトで確認

英会話教室の役割を理解していないとお金が無駄になる

 このエントリーをはてなブックマークに追加 

 

英会話上達を目指すのであれば、英会話教室に通うことはあなたにとってとても有利になると思います。

 

行かないよりも絶対行ったほうが良いです。

 

ですが、ここにも落とし穴があります。

 

英会話教室の主な役目はスピーキングの場を用意することと、ネイティブと対面になっても慌てずに英語で返せるように外国人コンプレックスをなくすための訓練をさせること

 

 

私は今ネイティブ講師にマンツーマンレッスン、グループレッスンの両方を受けていますが、先生に確認したところ英会話教室での最大の役割は生徒さんにスピーキングをする場所を提供することなんだそうです。

 

家で英語教材を使って学習しても、日本人はなぜか読み書き中心で、リスニングのレッスンはしてもスピーキング(音読)を満足に行う方は少ないので、この場に来て徹底的にスピーキングを行って欲しいといわれました。

 

家では記憶中心の勉強、例えば英文法や会話を覚えることに重点を置き、英会話教室ではとにかくネイティブの先生と英語を話しまくるのが一番効率が言い学習法だと熱く語ってくれました。

 

ちなみに、英会話教室に通っていても、あまり発言しない生徒さんは上達が遅いそうです。

 

自分の家で勉強をして来ない方など論外で、ただ英会話教室に通っているだけでは英語は絶対に話せるようにならないともおっしゃっていました。

 

この英会話教室という空間は、必然的に声に出してスピーキングをしなければならない環境を提供する場になっているわけです。

 

確かに英語教材のCDやDVD相手にスピーキングができる時間というのは限られてきますし、一人暮らしでもない限り家族という邪魔が入ります。

 

英語の音読が恥ずかしいという方もいらっしゃるでしょう。

 

これを知らずに英会話教室に英語の勉強をしに行こうと思っているような方は高確率で英語ができるようにはなりません。

 

英語が短期間で話せるようになる方は家でしっかりと英語の学習をしてくる人です。

 

家では教材などを使って読み書き、リスニング、時にはスピーキングなどしっかり基礎を勉強し、英会話教室で話す英語の予習など準備をしっかりしてから授業に望むというのがベストです。

 

英会話教室の授業でだけ英語に触れるという方はいつまでたっても英語を話せるようにはならないでしょう。

 

 

また、英会話教室にはもう1つ重要な役割があるそうです。

 

日本人の外国人恐怖症(コンプレックス)をとり払う

 

読み書きもかなりでき、普段は英語を何不自由なく話すことができるレベルになっても、欧米人の前になると固まってしまい、目の前でナチュラルスピードでまくし立てられるとパニックになってしまう日本人は非常に多いそうです。

 

実は私はあまりそのような感覚がないのでビックリしたのですが、特に女性に多いようで、グループレッスンの仲間数人に確認したところ全員が「分かる」といっていました。

 

この恐怖症を取り除くことも英会話教室の大きな役割で、これだけは英語教材ではどうにもなりません。

 

最近はスカイプというインターネット上の無料で通話できる電話のようなシステムを使う、格安英会話スクールが流行していますが、対面とは行ってもモニター越しにですから、このようなオンラインの英会話スクールで外国人恐怖症を克服するのは難しいかなあと思います。

 

しかも格安のものは、フィリピン人講師であることが多いので、ここを気にするのであれば欧米人の先生がいるオンラインスクールを選んだほうがいいでしょう。

 

フィリピン人も外国人ですが、アジア系の外国人は親しみがあるというか、、日本人と見た目があまり変わらず、なじみがあるので外国人恐怖症のレッスンにはならないというのが一般的な意見です。


基礎力がない状態で通っても全く上達しない

前述しましたが、英会話教室はとにかく話すのが目的なので、英語の基礎を勉強せずにいきなり通っても上達は難しいでしょう。

 

私の経験からすると、ネイティブの講師は日本語が片言の方が非常に多いです。

 

日常会話が問題ないという講師を選んでも、日本語のニュアンスなど通じないことがほとんどです。

 

ですので、そこで英語と日本語のニュアンスの互換などはほとんど勉強できませんし、英語でしか説明してくれない講師がほとんどですので、基礎英語ができていないとチンプンカンプンなまま帰宅することになるでしょう。

 

 

ホントにお金がもったいないです。

 

英語で質問しろという先生もいますし、非常にストレスがたまることになると思います。

 

英語での説明を受けていても、もう面倒になってしまって全く分からない説明でも分かったふりをしている生徒もたくさん見てきました。

 

予習は必要です。

 

ちなみにこれはオンライン英会話でも全く同じです。

 

無料お試しができるオンライン英会話スクールで試してみるといいでしょう。

 

あなたが初心者なら何もできずに終わってしまうので、基礎学習の大切さが分かってとてもいい経験になるはずです。

先生にも当たりはずれが

当然ながらネイティブ講師には当たりはずれがあります。

 

仮に、その英会話スクールで英語ができるようなすばらしいメゾットが確立されていたとしても、あなたの担当になる講師によって結果はかなり左右されることになります。

 

これは私の友人のバイリンガルに聞いた話なのですが、英語圏のネイティブにとって英語の先生という職種はかなり下に見られており、非常に人気のない職種なんだそうです。

 

その理由は簡単で、英語ネイティブでさえあれば短い期間の研修を受けるだけで簡単に英語の先生になれてしまう可能性が高いからです。

 

これ裏を返せば、英語さえできれば何の能力がなくてもできる職業ということでネイティブの間では下に見られるんだとか。

 

これに関しては私はネイティブではありませんので、真意は分かりませんが、無くはない話かなという印象を受けました。

 

話がそれましたが、結果、英語を教えることがスキ、英語が苦手な日本人のために人肌脱ぎたいなどの志を持った講師は少なくなります。

 

時間から時間で終わり、発音矯正も適当にOKをだし、生徒の質問には英語でしか受け付けない先生もいますので、もしそうような先生に当たった場合で自分がそのレベルにない場合は学校側に申し出てもいいと思います。

 

私のおすすめは、英語ネイティブなのに、日本語を苦労して覚えたような苦労人です。

 

こういう先生は、日本語を覚える際に何に苦労したか、日本語との違いにどう対応したかなど、身をもって体験しているので教え方も非常に上手です。

 

まとめ

お金に余裕があるならぜひとも通いたいですが、通わなくても全然英語はできるようになる。

 

オンラインレッスンをするのであれば、白人のネイティブで日本語が話せる人を選べるスクールを。

 

これから英会話の勉強をはじめようと言うような、英語初心者は通っても上達しない可能性が高い。

 このエントリーをはてなブックマークに追加 

初めて英語教材を購入選び方

 

英語教材比較ランキング

 

関連ページ

語学は反復練習の積み重ねでしか上達しない
語学は反復練習の積み重ねでしか上達しません。ですので、英語教材というもの自体が画期的なものだと勘違いし、簡単かつ短期間に英語を習得できると思っているかたは考えをあらためないと厳しいと思います。
英語教材のCDを相手に聞いて答えるのが基本
そもそもの英語教材の存在意義について考えてみたいと思います。
英語を聞くだけの勉強法って実際どうなの?
英語を聞き流すだけで英語ができるようにならないことぐらいなんとなく分かってたけど、じゃあどうすればいいわけ?
英文法は絶対に必要
教材販売者の多くが語ってる英文法不要論は、1つでも多く教材を売るための売り文句だと考えてしまって問題ありません。
英文法など覚えなくても話せているネイティブがたくさんいる理由
英文法を学習しなくてもよいとする英語教材の営業トークの「英語ネイティブは文法など理解していなくても会話ができている」ということについての答え。
話すための英文法を身につけよう
テスト勉強用の英文法ではなく、話すために必要な英文法を身につけないといつまでたっても英語を話せるようになりません。
言いたい事と文法を結びつける
話すための英文法を覚えたら、その文法を使ってひたすら英作文と、スピーキング。
話すときには文法の間違いは気にしない、でも英文法はしっかりと勉強しろという矛盾
話すときには文法の間違いは気にしないで積極的に話すのがいいと聞いたのに、このサイトでは英文法はしっかりと勉強しろと言っているのですが、矛盾していませんか?という質問に対しての私からのお答え。
フレーズは会話で覚えよう
英語フレーズは会話で覚えてこそ使える。
英作文の次は英借文にステップアップしよう
実際にネイティブが使う英語表現を借りてきて、自分の言いたいことに言いかえる英借文ガイドです。
大人になってから英語の勉強を始めても遅い?
英語の勉強を始めるなら低年齢な方が良いと聞くけど、大人になったら第二言語の習得は厳しいのかどうか?
日本人が英語を聞き取れない原因とあおる周波数の違いの正体にせまる
日本人が英語を聞き取れない原因は英語と日本語の周波数の違いだと言うことについての真偽
発音矯正は必要か
発音矯正はネイティブの声を真似して音読するだkでいいのかどうかについて
発音記号には種類があるって知ってた?
英語を勉強していると必ず出てくる発音記号。世界基準の国際発音記号(IPA)やフォニックスなど種類があり何を覚ればいいのか迷うと思います。この記事ではどの発音記号を覚えればいいのかについて書いています。
リスニング上達の大きな壁「音節(シラブル)」と「ビート」を意識すれば英語は聞き取れる
英語が早口に聞こえてしまう最大の理由は「音節(シラブル)」と「ビート」を日本語と同じに考えてしまっているからです。この記事でしっかりと理解してリスニング力を上げていってください。
映画や海外ドラマで英語は身に付く?
海外の映画やドラマで英会話を勉強するといったサイトをたまに見かけますが、本当に英語が身につくのでしょうか?
毎日の学習時間について
英会話の学習でよく話題に出る毎日の学習時間についての私なりの考察です。
日常会話の際の英単語を覚えるときの考え方
日常会話で使う英単語は何を基準にどう覚えれば効率的なのか、何非効率なのかを考えてみます。
忘れない英単語の覚え方
英単語は1回使っただけでは覚えられません。何度も何度も会話として使い使った数が多くなるほど忘れにくくなります。
英訳のスピードを上げるには構文単位で区切って理解する
英訳のスピードを上げるには、まず構文単位で文法を見極め、何か言いたいのかを感じることから始まります。