メニューボタン

売れ筋ベスト3

Hapa英会話 ⇒ 公式サイトで確認

ネイティブイングリッシュ公式サイトで確認

プライムイングリッシュ 公式サイトで確認

オンライン英語教材に生まれ変わった30日間英語脳育成プログラム

 このエントリーをはてなブックマークに追加 

 

この教材をザックリいうと

  • 7日間の返金保証付きなのでノーリスク
  • オンラインなので機種・場所を選ばない
  • 指示に従って進めるだけなので迷うことがない
  • 画面で操作するので使い勝手がいい(0.8倍速/1.5倍速再生対応)
  • 学習記録が自動保存されるのでやる気がアップする
  • 監修が言語学博士なのですごそう
  • 各フレーズに文法の説明がある

   30日間英語脳育成プログラムを公式サイトで確認してみる

 

30日間英語脳育成プログラムは以前はPCで学習するCDタイプの英語教材でしたが、いつの間にかオンライン教材に完全リニューアルしていたのでさっそく実践してみました。

 

※ちなみに以前のCD版も並行して販売されています。

 

 

教材の内容自体はシンプルで、提供されている日常英会話を耳で聞いたまま書き取ってディクテーションをしたり、聴こえたまま英語を音読するシャドウイングなどを行っていく教材なので王道中の王道教材なのですが、この教材一番の特徴とも言える「画面の指示どおりにレッスン進めていくだけで英会話上達が見込めるメソッドを消化できる」というところはそのままで、CDがオンライン教材にリニューアルされているのでコンセプトは変わっていません。

 

以前のCD版はWindows版しかありませんでしたし、PCの画面で指示が分かること、ディクテーションなどを行う際に使い勝手がいいことぐらいしかCDであるメリットはないと思っていたのですが、オンライン版になってiPhone、Android、WindowsPC、MacPCなど機種に関係なくレッスンできるようになったことで今までデメリットだと思っていた部分もほぼ解消されています。

 

デメリットはネットにつながる環境でないとレッスンできないことぐらいかと思います。

 

初級中級セットが推奨基本教材となっていますが、初級編、中級編ともに単品でも購入可能です。

 

 

個人的な意見としては初級だけでは物足りなくなるハズなので、セットで欲しいところですね。

 

※初級と中級のセットで購入するほうが2500円のオトク。

初級中級セット 39,500円(税込)
初級編 19,500円(税込)
中級編 22,500円(税込)

 

体験版の試聴が出来ますので一度公式サイトをチェックして初級と中級のレベルを体験してみることをおすすめします。

 

公式サイト ⇒ 30日間英語脳育成プログラム

 

金額に関しては最近の英語教材は内容にもよりますが29,800円が基準なので、初級、中級のセットで39,500円(税込)なのは多少割高に感じますが、使い勝手やこの価格で中級までカバーできていることを考えるとむしろ安い印象を受けました。

 

※英語克服完全セットという55,500円(税込)という副教材とのセット品は正直高いと思うので、買うならこの初級と中級のセットでいいと思います。


音声はナチュラルスピードに近い

30日間英語脳育成プログラムのもう1つ特徴である、流れる英語のスピードがネイティブが話すナチュラルスピードに近いというところも健在で、実践に近い環境でレッスンできるのですが、このナチュラルスピードに加えてスロー(0.8倍)や高速(1.5倍)再生に対応しているので、ディクテーションやシャドウイングなども非常にやり易くできています。

 

画面上でボタンを押すだけでスピードが変わるので、途中でスピードを変更することも可能です。

 

 

 

以前の記事でも書きましたが、ナチュラルなスピードだと言っている英語教材でも、実際のところは少しゆっくり目で、歯切れがよく聞き取りやすい英語である通称「フェイクナチュラル」で収録されてる教材が多い中、ナチュラルなスピードを意識している教材です。

 

となると、英語初心者は英語が速くてレッスンにならないのではないかと考えるかと思いますが、0.8倍速のスロー再生がついいますので、スピードに関しては初心者でも全く問題ないと思います。

監修、製作者が言語学博士や大学教授陣なのですごそう

私は学者でもなければ、教授でもないのでこの部分は証明できないのですが、言語学博士が監修し、制作スタッフが大学教授や准教授なので、信頼という面ではかなりいい線をいっていると思います。

 

導入実績も、国立大学(東大とか)や大手企業がずらりと並んでいるので、それなりに実績もありそうですね。

 

詳しく調べたい人は監修の博士や教授の名前で検索してみてください。

 

監修:御園和夫 言語学博士
製作スタッフ:串田美保子 教授、Joe Mckim 准教授、金森強 教授、佐々木彩子 博士

 

メソッド自体は、ディクテーションや英文理解、音読などを8つのステップで行っていく用に構成されていて、私が実際に受講してみたところかなりいいと思いました。

 

この後詳しく書いていきます。

レッスンのしかたを迷うことはまずない

 

英語教材であるあるなのが、やることが簡単すぎて「ただ聞くだけの教材のように本当に聴くだけで言いわけ?」というような疑問です。

 

こういう疑問が頭の中に出てきてしまうと、手が止まってしまってレッスンに集中できず、長続きもしなくなってしまうのですが、30日間英語脳育成プログラムは8つのステップに沿って画面上で進め方をきちんと指示してくれる教材内容になっているので、CDとテキストだけ送ってきて「さあ今日から毎日聞いてください」と言う乱暴な作りにはなっていません。

 

リスニングやスピーキングの部分は繰り返しが非常に大切なのですが、その繰り返しの回数も決まっていますし、レッスンの仕方をまようことはまずありません。

 

疑問を持ちながら日々レッスンするよりは、しっかりとしたプログラムが既に組まれていてしかも画面で進め方が分かると言うのは頭の中がクリアになってレッスンに集中できますよね。

 

また、今回オンライン教材になったことで学習記録が自動保存されるので、どこまでレッスンしたかも非常に分かりやすく、終了したレッスンは色が塗りつぶされるので達成感も得られます。


オンラインアプリなので勉強してる感は少し薄れる

 

聞き取って、書いて、音読して、と王道のレッスンなので1周回ると2周目以降は飽きてしまうという部分は他の教材を同じで、アプリだから飽きないということはありません。

 

同じことの繰り返しなので、おそらく誰でも飽きは来ると思います。

 

そこはやはり王道の英語教材なので仕方ないのかあと思います。

 

ですが、テキストを開いて、CDをオンにして、「さあ勉強するぞ」という、勉強してる感はアプリで進めていくぶん多少は薄れるかなと思います。

 

クイズ形式になっているわけではないですし、面白い工夫も何もないので、ゲーム感覚とはいきませんが、ボタン1つで止めたり再生したりもできますし、速度もボタン1つで変えられるのでディクテーションやシャドウイングはかなりやり易いです。

 

収録されている内容自他もはかなり簡単なフレーズな英会話中心なので、初心者向けと言うのは間違いないと思いますが、初級だけだと私には少し物足りない印象でした。

 

初級、中級をセットで購入でちょうどいいです。

 

セットで買うと2500円得しますし。


英文法の説明がある

 

今まで私が試してきた英会話教材で英文法の説明をここまでしっかりと付けてきた教材はありませんでした。

 

英文法に関しては文法アレルギーと言ってしまっていいほど嫌いなかたが多いので、表立っては言わず、また英文法という名前も使わずにフレーズから文法を覚えていくというような回りくどい感じで英文を理解させる教材がほとんどなのですが、30日間英語脳育成プログラムは英文法の説明をしっかりと付けてきました。

 

「英文法をしっかりと勉強しましょう」なんて書くと教材が売れなくなってしまいますので、これは攻めてきたなあという印象です。

 

私は他の記事でもハッキリと「英語教材では文法は理解できないので文法書を1冊買い足して文法を勉強しましょう」と言っていますので、これに関してはとてもいい傾向だと思います。

 

英語教材はライバルの教材をみて真似てくるメーカーが多いので、これを期にどの教材も文法の説明を付けてくるようになるといいですね。

 

ちょっと分かりにくいのですが、STEP4の右下のノートのようなマークをクリックすると文法や英文の説明が出てきます。

 

とはいえ、初級、中級で話すために必要な英文法が全て理解できるわけではないので、文法書は1冊買い増してしっかりと英文法を覚えてください。

 

その方が絶対に近道ですので。

 

できれば文法ドリルとかやりたいですね。


肝になる8つのステップを紹介

ここは公式サイトを見てもらえれば分かるのですが、私が実際に受講してみた感想などを入れながら、手短かに紹介しておきます。

 

「そんな説明いらないよ」とか、「言語学博士が作ってるんだから問題ないでしょ」という方は読み飛ばしてください。

 

8つのステップ

STEP1 ストーリーの背景を理解する
STEP2 繰り返し音声を聴く
STEP3 聞き取れなかった部分を確認する
STEP4 聴順直脳訳で英文を理解する
STEP5 テキストリスニングを行う
STEP6 もう一度音声を聴く
STEP7 音読を行う
STEP8 シャドウイングを行う

まずこれをざっとみていただくと分かるように英語脳と言うだけあって、英語を英語として理解していこうと言う意図が分かると思います。

 

意味の理解に関してもSTEP4で返り読みはせずに英語の語順のまま理解して行くようにできていますし、声に出すステップもしっかりと組まれています。

 

返り読みとは 英語を日本語の語順に並び替えることです。

 

例えば

 

I am watching TV in the living room. 私は居間でテレビを見ています。

↑これが返り読み

 

これ英語脳だと

 

私は見ているテレビを居間で

 

このような語順になるので、日本語の語順にするとその分タイムラグが生じます。

 

これでは会話のスピードについていけないので、英語を英語として感じましょうと言うことなんですね。

 

30日間英語脳育成プログラムはそれを推奨している教材です。

 

 

あと、流れを見てもらえばもう説明の必要が無いと思いますが、繰り返し聞いて理解して口にしてと言う流れがしっかりと組まれていますね。

 

このまま何も考えずにレッスンをすれば英語ができるなどとそんな無責任なことを書くつもりはありませんが、少なくとも進め方に指示があるということ、しっかりと繰り返しが出来るステップになっていることを考えるとよく出来ている教材だと思います。

 

ここはオンラインアプリの利点だと思います。

 

 

STEP1 ストーリーの背景を理解する

 

 

まずこのステップで会話の背景を大雑把に把握します。

 

イラスト付きで、どんなシチュエ―ションか言葉で書かれているのですが、私が毎回時間をかけて想像してみたところ想像と会話が全然違ったので、まあ軽く読む感じでいいと思います。

 

STEP2 繰り返し音声を聴く

 

 

ここでディクテーションを行いたいですね。

 

繰り返し聞くだけも効果はありますが、なんと聞こえたか書き取ることで次のステップの効果が倍増します。

 

ちなみに試してみて欲しいのですが、最初なんと言っているか分からなくても30回ぐらいしつこく聞いてみてください。

 

完璧には分からなくても、ある程度何と言っているか分かってくるはずです。

 

標準の回数は5回ですが、「これ以上聞いても聞こえ方が変わらない」というレベルになるまで何回でも聞いた方がいいです。

 

ストップを押さなければ音声が永遠に繰り返されますので、繰り返し聞くにはかなりいいです。

 

STEP3 聞き取れなかった部分を確認する

 

 

ここではじめて英文のテキストで確認します。

 

「えーこんな簡単な単語も聞き取れてないのかー」とか、「単語がつながるとこんな発音になるのかー」、「“Do you”の“Do”が全く聞こえん」など、結構ショックを受けると思います。

 

STEP4 聴順直脳訳で英文を理解する

 

 

ここは英語の語順で意味を理解するレッスンを行うステップです。

 

画像のようにある程度の英語のかたまりを、頭から訳していくように出来ていて、右下のマークをクリックすると文法の解説まで出てきます。

 

こんな教材は他にないので結構画期的ですよ。

 

STEP5 テキストリスニングを行う

 

 

テキストを見ながらリスニングを行います。

 

今どこが音声で流れているか文字の部分が反転するのと、画面が下に自動でスクロールしていき、終わったら自動で元に戻るので、「今どこしゃべってるか分からないよ」というようなことはありません。

 

 

ここも、アプリの良いところですね。

 

画期的。

 

STEP6 もう一度音声を聴く

 

 

次にテキストを見ずに音声を聴きます。

 

STEP2と同じですが、ここではもう何と言っているか分かっていなと行けませんので、英文が分からないようであればいくつかSTEPをやり直す必要があります。

 

標準の回数は3回ですが何回聞いてもいいです。

 

 

STEP7 音読を行う

 

 

テキストの左上の三角を押すと音声が流れるので、声まねをしながら音読を行います。

 

ここでしっかりと英文を覚え、口が回るまで音読をしないと、次のステップでシャドーイングができません。

 

何度でも繰り返し音読を行います。

 

目安はスムーズになるまでですね。

 

ここも文字の後ろの色が反転するので、どこを話しているか分かり安くできています。

 

 

STEP8 シャドウイングを行う

 

 

最後にシャドーイングを行います。

 

標準の回数は3回ですが、ここも何回もくりかえし行うことで、繰り返しただけ効果があります。

 

正直言ってシャドーイングは初心者には難しいので、ステップ7でどれだけ繰り返し音読したかが肝になります。

 

上手くいかない場合は、一度止めながら音読するリピーティングや、音声と同時に音読するオーバーラッピングを行うなど工夫するといいと思います。

 

画面上で0.8倍速のスロー再生にすることもできるので、やり易い方法で慣れていけばできると思います。


まとめ

30日と言う期間を決めてプログラムが組まれており8つのステップで画面の指示に従って英会話学習をすすめて行き、30日で英語脳を作ると言うのが目的の英語教材です。

 

英語のスピードはナチュラルに近いのでより実践的ですが、ボタン一つで0.8倍速と1.5倍速の音声に切り替えることができるので、初心者への配慮もあり、英語の語順で英語の意味をとらえていくレッスンを行うので日本人特有の返り読みの癖を直すように考えられています。

 

聴いて書きとるディクテーションというリスニングレッスンや、声に出すシャドーイングなどの音読系のレッスンを繰り返し行うのが主になっている王道中の王道ともいる英語教材で、繰り返し行うようにプログラムが組まれいるので、自分であまり工夫などをしなくても流れで直感的に進めていくことが出来ます。

 

 

ただし、収録されている内容は非常にシンプルな会話中心なので初級だけ購入してもちょっと物足りないかなあという印象です。

 

ぜひ中級もセットで欲しいところ。

 

この教材を購入するメリットと考えると、一番大きいのはやはりプログラム通りに進めて行くだけで繰り返しが自然に出来ると言うところだと思います。

 

ちなみに繰り返す回数は全然足りないと思うので、回数は自分で調整する必要があります。

 

これ、自分で工夫すればできちゃうことばかりなので、人によっては必要のない機能なのですが、音声は止めない限り永遠に流れるのでずっと繰り返し聴くことができますし、ボタン一つで3段階の速度に変えられるので使い勝手はとてもいいです。

 

再生、停止、繰り返し、速度調節を簡単にできるのはアプリならではだと思います。

 

学習した記録が自動で保存されてるのも、どこまでやったのか分かり易くていいですし、モチベーションアップにもつながっていいですね。

 

自分で工夫するのが面倒だと言う人には向いていると思います。

 

 

 

 

収録内容は平均的、ノウハウも王道なのでこの教材の良さと言えば英語学習の進め方を考える必要がないと言うところかな。

 

自分でどう工夫すればいいとか、何も考えずに英語を勉強したいと言う人にはおすすめできる教材。

 

監修は言語博士、制作も大学の教授や准教授という意味では信頼もできる。(と思う)

 

CD版(WindowsPCのみ対応)のときには工夫次第でCDとテキストの教材でも同じことが出来るのでアプリの必要はなかったのかなあとも思ったんだけど、オンライン版になったことでスマホやタブレットなど機種を選ばずに学習できるようになったし、インターネットにつながってさえいればどこでも学習できるようになったので、アプリである意味はおおいにあるようになった。

 

まあ、電車で音読はできないんだけど・・・新宿駅の人混みとかなら音読もいける。(実際に試したことある)

 

あと、画面上で簡単に操作できるので0.8倍のスロー再生や1.5倍の高速再生もボタン一つでできるのもいいね。

 

高速再生は機械的に速度を上げているのでエブリデイイングリッシュに代表されるあの甲高い笑っちゃうやつになってるんだけど、0.8倍のスロー再生は違和感がないので、ディクテーションやシャドーイングが難しいと感じたときに速度を落とせばかなり使える機能と言える。

 

また、英文法の説明があるところも非常にポイントが高い。

 

この教材だけで日常会話に使う英文法を全てカバー出きるとは言い切れないので、文法書は別に購入して欲しいけど、でも会話を覚える際にそのフレーズの文法が分かるというのは、かなり大きいよね。

 

8つのステップにそって進めていくだけで(言語学博士が監修した)英語が上達するために必要なレッスンができるので、シンプルでとてもいいんだけど、そのメソッドの中には特に画期的なレッスンがあるわけではなくて、ディクテーションやシャドーイングなど王道のレッスンになってるんだよね。

 

なのでこの教材の一番のいいところは、繰り返しの反復レッスンが自動でできるところだと考えてしまっていいと思う。

 

だからこそ繰り返しの標準回数が30回とか50回とか狂ってるぐらいの回数になってたら「おーすげえ」と思えるんだけど、実際は5回とか3回になっていて私はちょっと物足りないと感じた。

 

ここは自分で調整できるので、変化が感じられるまで100回でも繰り返したほうがいいかな。

 

ネックになるところがあるとしたら価格。

 

価格は

 

 ・初級編     19,500円(税込み)
 ・中級編     22,500円(税込み)
 ・初級中級セット 39,500円(税込み)「2,500円オトク」

 

なので初級だけを購入するとなるとかなり安く感じるけど、収録されている会話の量と価格のバランスをライバルの教材と比較すると、できれば中級もセットで欲しいので、39,500円(税込み)ということになる。

 

個人的には使い勝手を考えると高くない買い物だと思うけど、ここは人それぞれ。

 

お金に余裕がある人はここは問題にならないと思うので、内容で比較してみて。

 

30日と言う期間は正直ちょっと大袈裟に感じるけど、1日1STORYをレッスンするだけなので1日2時間とかやれば30日でも結構いいとこまで行けると思う。

 

あと、出先でレッスンしたいという人はデータ通信料が結構かかると思うので、データ通信に強い格安SIMに乗り換える必要あり。

 

オススメは契約した通信量を使い切って低速通信になってもそこそこ早い楽天モバイルの一番安いプランだけど、余裕がある人はデータ通信に制限のないプランがいいかもね。


 

 

   リスニング・・・4
   スピーキング・・・4
   会話力・・・3
   発音矯正・・・4
   語彙力・・・3

 

 

 

↓↓↓

 

 

 

 このエントリーをはてなブックマークに追加 

初めて英語教材を購入選び方

 

英語教材比較ランキング