メニューボタン

売れ筋ベスト3

Hapa英会話 ⇒ 公式サイトで確認

ネイティブイングリッシュ公式サイトで確認

プライムイングリッシュ 公式サイトで確認

とにかく分かり易くて面白い英文法理解本

 このエントリーをはてなブックマークに追加 

 

この英文法のトリセツを読んで英文法が理解できないという人がいるとすれば、その人は最初から文法を覚える気がないと私は考える。

 

今回は冒頭から哲学っぽい言い回しで入ってみましたが、そのぐらい理解しやすい文法書だと言いたかったんですね。

 

著者は自分で「英語の負け組」というぐらい英語が出来ず、高校を中退していると言っている方なので、英語が苦手な人の気持ちを理解していて、文法のどこが分かりにくいのか、どう伝えれば分かりやすいかということを本当に良く理解されているからこその、分かりやすさかなという印象です。

 

この教材をザックリいうと

  • 文法のあやふやな部分が分かりやすくなっている
  • 文法書なのに文法用語が少ない
  • 常に読者を考えさせるので心に残りやすい
  • 英語と日本語の比較は本当に分かりやすい
  • イチロヲワールドに一瞬で引き込まれるので一気に読みたくなる

 

一般的な英文法の本というのは、例文の型(文型)に対して、何をどこに当てはめて行き、その文型で例文を作り頻出のパターンを覚えていくというのが基本で、説明と言えば「不定詞を取る」や「修飾する」「不定詞の形容詞的用法」など、文法用語が満載かつ端的にまとめられているのが普通です。

 

それゆえ、非常に難解な文章になってしまっていて、私たち日本人の文法嫌いを加速してしまっているという印象を受けます。

 

これは、試験に出る部分だけを効率よく学習していくには余計な説明は不要ということなのだと思いますが、そういう意味ではこの「英文法のトリセツ」は余計なと言ったら失礼かもしれませんが、1文法に対する情報が多めに掲載されているので、一言でいうととても型破りな本だと言えます。

 

英語の時代背景や英語ネイティブの性格の傾向、諸説ありのハッキリしていないところは著者の妄想で分かりやすく、時には寒いおやじギャグなどを交えながら、詳細に、分かりやすく説明してくれるので、今まであやふやだったところがとてもクリアになりますし、英語と日本語の違いを比較しながらしてくれる論理的な説明もあるので、英文法はしっかりと身につくようにできています。

 

言葉使いは友人と話しているかのようなカジュアルな雰囲気なので、個人的にはとても読みやすく、文章もとても面白いですし、見出し1つ1つも印象に残るような見出しになっているので、非常に記憶に残りやすいという印象を受けました。

 

 

「アレ」じゃないthatとか、動詞だけど動詞じゃない(ing)とか、こういう見出しはとても気になりませんか?

 

もうすでに、見出しの時点でイチロヲワールドに引き込まれてゆきます。

 

商品名 英文法のトリセツ
じっくり基礎編、とことん攻略編、中学レベル完結編
価格 各1,500円 (税抜)
ジャンル 英文法理解書
著者 阿川イチロヲ

楽しい授業を聞いているかのように読み進められるので「飽きない」、「面白い」そして「気になる」

 

学校の授業が楽しいか、それともつまらないかは先生によって決まりますが、この英文法のトリセツは、子どものころに夢中になって聞いていた「楽しい授業」を聞いているかのような内容になっているので、とにかく飽きずに読み進めることができます。

 

私は3冊とも一気読みしましたし、そのあとも大切に保管していて何度も読み返しています。

 

面白いかどうかは人それぞれの感覚によって変わってくると思いますが、本の中でこちらに質問してくる場面が多いので頭を使って考える場面が多いですし、丸暗記するような文法書とは文章の構成が全然違うので、学校の教科書みたいな文法書が苦手という方にとてもおすすめできます。

 

例文はもちろんあるのですが、英文よりも説明の方がメインになっているので、文法の説明を読んだり、考えたりしたあとに最終的に例文をみて理解するという感じです。

 

ですので、1つの文法に対しての「うんちく」が多めですが、それがまたいい。

 

また、各文法のつながりというか関連性みたいなものを重視した順番に書かれているので、1つ理解できると数珠つなぎで理解できていく感じです。

 

各章の最後には「ふくしゅう宿屋」という、その章に書かれていることがちゃんと理解できているかどうかのテストが用意されているので、しっかりとポイントをおさえることもできて、文法書としてもレベルが高いです。

 


今まであやふやだった英文法の謎が全て解ける

 

この本は、本当に英語が苦手な人向けに書かれているので、動詞、名詞、形容詞といった品詞の名称からじっくり覚えていきます。

 

「品詞なんて全部分かるよ」という人は多いと思いますが、たかが品詞、されど品詞です。

 

私はこの本を初めて読んだときに、この品詞をしっかりと理解することで英文法が分かりやすくなりました。

 

例えばですが、英文には必ず動詞が1つなければならず、かといって2つ存在することはできません。

 

このたった1つのルールを覚えるだけで、いくつもの文法が一気に分かるようになっていくのですが、すべては品詞を覚えるところからつながっているので、品詞を飛ばしてしまうと「あやふや」になってしまいます。

 

この「あやふや」という部分、英文法が苦手な人がずっと逃げてきた部分です。

 

学校では時間に限りがあるので、授業で詳しく説明できないことが多く、どうしても試験向けの授業になってしまいます。

 

その結果「あやふや」な部分が多くなり、なんだかスッキリしない気持ちになった経験がある人もいると思います。

 

この「あやふや」な部分は、あとで先生に聞いたり参考書で確認していくしかありません。

 

でも英語が好きでない限りは、そこまでしませんよね。

 

その置き去りにしてきてしまった「あやふや」な部分を分かりやすく補ってくれるのがこの「英文法のトリセツ」です。

 

言葉では説明しずらいのですが、著者の阿川イチロヲさんが、英語負け組だった過去の自分の立場にたって説明してくれているので、私達の「あやふや」な部分を先回りして説明してくれている感じです。

 

分かりますかね?うーん表現が難しいのですが、とにかく「すげえ」と思いました。


いつの間にか著者の世界にに引き込まれる

 

先ほども書きましたが、この本はいちいち見出しが気になります。

 

全てとは言いませんが、私はかなりの確率で気になってしまい、「早く答えが知りたい」と思ってしまいました。

 

もう、そう思った時点で著者の世界に引き込まれてしまっています。

 

さらに、くだらないオヤジギャグがかかれていたり、英語ネイティブを英語人と名づけたり、ネイティブはとにかく簡単な方を選ぶといった自分なりの感覚で説明してくれたり、話す口調も友人に話しかけるような砕けた表現が多いので、「硬い」というイメージがある英文法書とはかけ離れたイメージで、親近感がわくというか、とっつきやすいという感じです。

 

このへんは、こういう砕けたところが嫌いって人もいると思うので、万人受けするわけではないと思いますが、「覚える」「勉強する」というよりは、面白いお話を読んでいたら英文法が理解出来ちゃいましたという感覚を想像していただければ分かりやすいと思います。


本の中で読者を考えさせるので忘れにくい

 

説明以外で私が、いいなあと思ったのが、本の中で読者を考えさせるという部分です。

 

文法についての説明など、一方的に情報をインプットするだけでは読み終えたあとすぐに忘れてしまうことも多いと思いますが、英文法のトリセツではとくに大切なコアになる部分は、著者からの質問を考えながら読んでいくので、非常に忘れにくいです。

 

まあそれでも忘れてしまうことはあるのですが、2回、3回と読んでいくうちに、必ず自分の知識になります。

 

各章の最後には、必ず覚えなければならない文法をテスト形式で解いていく形になっているので、そこでさらに復習できるシステムになっていて、無駄がありません。

 

無駄がないとか、私が評論しちゃうのもなんですが、とにかくおすすめです。


ある程度英文法を理解している人はフォレストか一億人の英文法いっときましょう

 

私は、英文法のトリセツが大好きです。

 

本当に好きで何度も読んでいるので、じっくり基礎編はもう擦れてボロボロです。

 

お風呂でも読んじゃいましたし、帯も行方不明。

 

 

そのぐらい好きで、おすすめなんですが、ある程度英文法を理解しているという人は、もっと詳しく英文法の説明が書かれているフォレストや一億人の英文法を買いましょう。

 

英文法のトリセツはとてもおすすめなんですが基礎から順番に勉強していく感じなので、文法の詳しいニュアンスが知りたいとか、不定詞と動名詞を両方取る動詞を出来る限り知りたいといった場合は、少し物足りなさを感じています。

 

説明を深堀りしてしまうと、英語が苦手な人がとっつきにくくなってしまうからだと思いますが、より詳細な情報を求めるのであれば分厚い文法書を行っときましょう。

 

管理人のまとめ

 

 

英文法と聞くとアレルギーが出ちゃう人向け。

 

英会話をするのに必要な英文法を覚える入門編としては申し分なしで、英語教材の足りない部分を補うには持ってこいの本だと思う。

 

でも、書かれている内容は学校のテストではどうなのかというところに焦点が当てられているので、学校の授業に遅れてしまって英語が嫌いという中学生が読むと一番効果を発揮すると思う。

 

文法の「あやふや」な部分の説明が的確なので、中学生が学校の教科書の補足本として持っておくといいかもね。

 

英語が苦手なお子さんのお父さんお母さんがこの記事を読んでくれてるなら、子供さんにぜひ買ってあげて欲しいなあ。

 

経済的に苦しいなら、Amazonで中古を探せば掘り出し物もあるかもしれないので、Amazon行ってみて。

 

中学レベル完結編まで行くとちょっと難しくなっていくけど、たぶん分かりやすさ、理解しやすさで言えば最強だと思う。

 

じっくり基礎編、とことん攻略編、中学レベル完結編とつながっているので、3冊買わなきゃいけないんだけど、さっきAmazonをみたらこの3冊が1冊にまとめられている本がKindle版で出版されてた。

 

3冊買うより1500円くらいお得だからチェックしてみて。

 

文句なしでおすすめだけど、ある程度文法を勉強しててまあまあ理解できてる人はわざわざ買う必要はないかな。

 

もちろん勉強にはなると思うけど、より専門的な文法書にお金をかけるべき。

 

英語教材で英文法専門のもあるけど、正直この辺の本で勉強すれば文法に関しては十分かなあと思う。


 このエントリーをはてなブックマークに追加 

初めて英語教材を購入選び方

 

英語教材比較ランキング